エコスタイルでんきの評価

エコスタイルでんきの概要


運営会社 エコスタイル
太陽光発電関連企業
電力調達 卸電力取引所など
供給エリア 東北、東京、中部
関西、中国、四国、九州
契約条件 30A以上

エコスタイルでんきの特徴


・基本料金無しの料金プラン
・東北では「最安値圏」の低料金


 エコスタイルでんきは太陽光発電関連事業を手がけるエコスタイル社のサービスです。太陽光発電のパネルの販売、メンテナンスや太陽光発電を対象とした投資ファンドを運用している会社です。


 料金プランを見ると、一見すると「安い」と感じますが、注意すべき点もあります。詳しく解説していきます。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東北電力エリア
アットホームプラン
20A契約不可 -4.4%
-4811円
-8.5%
-10758円
-11.5%
-16848円
東京電力エリア
アットホームプラン
20A契約不可 -3.6%
-4012円
-7.3%
-9569円
-10.2%
-15279円
中部電力エリア
アットホームプラン
20A契約不可 -1.9%
-2097円
-5.1%
-6545円
-7.5%
-11068円
関西電力エリア
アットホームプラン
+4.0%
+1772円
-6.0%
-6014円
-8.0%
-9187円
-9.6%
-12582円
中国電力エリア
アットホームプラン
+4.0%
+1820円
-6.7%
-7046円
-8.3%
-9972円
-9.7%
-13102円
四国電力エリア
アットホームプラン
+3.4%
+1584円
-5.9%
-6235円
-7.8%
-9424円
-9.3%
-12835円
九州電力エリア
アットホームプラン
20A契約不可 -0.2%
-179円
-4.1%
-4689円
-7.0%
-9270円

 いずれの地域でも基本料金0円+従量料金という構成のプランです。Looopでんきあしたでんき楽天でんきなどと同じです。


 ただ一つ、注意すべき点もあります。
 エコスタイルでんきでは他の多くの電力会社で発生する「燃料調整費」が発生しません。燃料調整費は毎月変動するもので、例えば中部電力なら-1.88円/kWh、東北電力では+0.24円/kWhとなっています(いずれも2019年5月) ほとんどの新電力は大手電力会社に準じた金額を適用しています。


 燃料調整費が掛からないことで請求料金が安くなる場合もありますが、高くなる場合もあるので注意が必要です。当サイトの試算は、いずれも2019年5月適用分の値で補整しています。


解約時の違約金は?


 契約上は1年契約となりますが、契約期間に関係なく解約時に違約金が発生しないとのことです。


支払い方法は?


 電気料金の支払いは口座振替のみです。
 クレジットカード払いなど、他の決済方法には対応していないので注意してください。


 また、大手電力会社にある月50円程度の「口座振替割引」も無いのでご注意ください。


エコスタイルでんきの評価


 


環境面・エコ


 公式サイトの「よくある質問」で電源構成(2017年度実績)が公表されていました。


電源 構成
卸電力取引所 56.84%
FIT電気 25.79%
LNG火力 9.31%
石炭火力 4.31%

 なお、卸電力取引所に供給される電気の大部分は大手電力会社が提供しているため、その中には火力発電や原子力発電など、あらゆる発電方法でつくられた電力が含まれます。


 環境省を通じて公表されたCO2排出量(2017年度実績)は1kWhあたり559gと、大手電力会社や他の新電力と比べて「やや多い」と言える水準です。16年度も540g、15年度は539gとほぼ一定です。


 エコスタイルでんき公式サイトには「二酸化炭素排出量の削減を目指します」とありますが、CO2排出量が少ない電気とは言えません。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A