【低圧電力】ENEOSでんきの「動力プラン」の解説

ENEOSでんきの低圧電力「動力プラン」の解説


 エレベーターや業務用冷凍庫などを動かすのに使う「低圧電力」 ENEOSでんきにも低圧電力用の「動力プラン」があります。このプランを詳しく解説します。



公式サイト

料金プランの解説


 まずは料金プランの特徴を紹介します。


エリア別 いくらお得になるのか


 大手電力会社の「低圧電力」プランとの料金単価の比較と、小規模マンションのエレベーターを想定した年間削減額の目安です(契約容量3kW 月85kWh 力率85%)


基本料金

1kWあたり
従量料金
年間削減額

小規模マンションEV
夏季
その他
東京電力エリア -13.7%
950.4円/kW
-1.7%
16.77円/kWh
-1.9%
15.22円/kWh
-5739円
中部電力エリア -9.6%
1015.2円/kW
0%
16.73円/kWh
0%
15.21円/kWh
-3888円
関西電力エリア -10.2%
950.4円/kW
-3.2%
14.35円/kWh
-3.5%
12.9円/kWh
-4367円

 東電エリアについては月110kWhを超えると料金単価が上がるため、その点は注意してください(掲載値は110kWh未満の値) 110kWh以下の使用量の場合にお得です。


ENEOSのガソリンスタンド


解約時の違約金は?


 特に契約期間の定めは無く、解約によって違約金が発生することはありません。


公式サイト

ENEOSでんき「動力プラン」のメリット


 このプランのメリットを紹介します。


関東屈指のお得率


 東電管内の低圧電力としては最安値水準の料金プランです。


電灯契約もお得


 ENEOSでんきは低圧電力(動力契約)だけでなく電灯契約もお得です。


 低圧電力に加えて電灯契約(マンションで言うとエレベーター以外、共用部の廊下など)もあるケースが多いと思いますが、ENEOSでんきは電灯契約(東電の従量電灯B・C相当)も関東屈指の低料金です。


 例えば50A契約で月437kWhの電気を使う場合、東電と比べて年間11842円の節約になります。


 動力契約と電灯契約はそれぞれ別々の会社と契約することも可能ですが、一つにまとめると経理処理も楽なのでおすすめです。


公式サイト

エネルギー大手という安心感


 「ENEOSでんき」はエネルギーの総合企業JXTGエネルギーが提供しています。電力自由化では名前を聞いたこともないような会社と契約しても、電気の質や安定供給は変わらないことが制度上保証されていますが、初めての切り替えなら大手の方が安心できると思います。


 JXTGエネルギーは成田空港や羽田空港、皇居など重要施設にも電気の供給実績があります(いずれも競争入札で落札)


ENEOSでんき「動力プラン」のデメリット


 続いてデメリットを紹介します。


110kWhを越えると割高になる(関東)


 上でも説明したように、ENEOSでんきの動力プランは月110kWhを越えた部分は東電よりも高い料金単価で計算されます。夏季は18.59円/kWh(東電17.06円)、その他季節は18.48円/kWh(同じく15.51円)です。


 基本料金は東電より安いですし、110kWh以下の部分は上で紹介した東電より安い単価で計算されるので「110kWh」を越えるとすぐに東電より割高になるわけではありません。


 毎月コンスタントに110kWhを大幅に越えた使用量がある場合は、他社の方がお得になります。使用量が多い場合は東急でんきが安いです。


公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A