オール電化住宅がENEOSでんきに乗り換えると電気代は高くなる

広告

オール電化住宅はENEOSでんきを契約してはいけない


 テレビCMでもよく目にするENEOSでんきですが、オール電化住宅が契約すると損をしてしまうリスクが小さくありません。なぜそう言えるのか、分かりやすく解説します。



オール電化プランを提供していないENEOSでんき


 まず前提として、ENEOSでんきではオール電化対応プランを提供していません。また、公式サイトには以下のような記載があります。


「従量電灯B」「従量電灯C」以外(「電化上手」など)のお客さまについては、 価格メリットが出ない場合がございますので、あらかじめ契約内容をご確認ください。

引用元:料金メニュー(ENEOSでんき)

 では、オール電化住宅でENEOSでんきを契約するとどうなるのか、実際の数字を交えながら分かりやすく解説します。


オール電化住宅がENEOSでんきに乗り換えると、どうなるか


 オール電化プランの提供が無いENEOSでんきを、オール電化住宅が利用するとどうなるのか、解説します。


電気代が年間5千円割高になる


 東京電力エナジーパートナーのオール電化プランである「スマートライフ」をベースに試算します(10kVA契約 昼300kWh/深夜180kWh使用)


社名・プラン名 月額料金
東京電力
スマートライフ
13800円
ENEOSでんき
2年契約
14215円

 東京電力のオール電化プランである「スマートライフ」と比較して、ENEOSでんきの方が月415円も高い結果となりました。年間では4980円割高となる計算です。


 また、現在は新規申し込みを終了している東電の「電化上手」という古いオール電化プランからの乗り換えの場合は、ENEOSでんきが更に割高となるため注意が必要です。場合によっては年間数万円前後、割高です。


 ちなみに、同じく東電でも一般住宅向けの標準的なプランである「従量電灯」と比較すると、ENEOSでんきは同じ条件(10kVA契約/月480kWh)では年間15598円割安になる料金設定です。


 なぜオール電化プランからの乗り換えでは割高になるのか、理由を説明します。


割高になってしまう理由は


 オール電化プランからの乗り換えで割高になってしまう最大の理由は、深夜割引の有無です。


 オール電化住宅では、エコキュートや電気温水器といった電気でお湯を沸かす給湯器を使用します。これらの給湯器は深夜にまとめて大量のお湯を沸かしてタンクに溜めておく仕組みを取っており、深夜に大量の電力を消費します。


エコキュート

2組ならぶエコキュート

 オール電化プランはこうした深夜の電力需要を喚起するため、深夜帯の料金単価を大幅に安く設定しています(一方で昼間は割高) 例えば東電のオール電化プランは昼間が1kWhあたり25.80円という料金単価ですが、深夜は17.78円と大幅に割安です。


東電オール電化プランの料金単価

東電オール電化プランの料金単価 昼と夜で1.5倍の価格差

 ENEOSでんきにはこうした深夜の安い料金単価の設定が無いため、料金が高くなってしまいます。


他社のオール電化プランを検討しましょう


 ENEOSでんきにはオール電化プランがありませんが、他の新電力が一部、オール電化プランを提供しています。中には大手電力会社よりも割高になる料金プランもあるため注意が必要ですが、ちゃんと安くなるオール電化プランも登場しています。


関東ではCDエナジーがおすすめ


 東京電力エリアのオール電化住宅では、CDエナジーのオール電化プラン「スマートでんき」がおすすめです。


 基本料金単価、電力量料金単価ともに東電のオール電化プラン(スマートライフS・L)と同額で、ポイント還元の1%分、電気代が安くなります。燃料費調整も東電のスマートライフと同額の設定です。


 初期費用や解約違約金もありません。CDエナジーは大阪ガスと中部電力が共同で設立した新電力会社です。


CDエナジーの公式サイト
初期費用・解約金なし

その他の地域では出光でんきがおすすめ


 上記以外のエリアでは、出光興産のオール電化プランがおすすめです。


 このプランは大手電力のオール電化プランと電力量料金が同一、基本料金が割安に設定された料金体系で、基本料金が安くなる分電気代が安くなります。例えば北海道電力と比べて年間1320円安くなります(10kVA契約の場合)


 解約違約金や初期費用もありません。





関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社