【低圧電力】イーネットワークシステムズの「動力プラン」の解説

イーネットワークシステムズの低圧電力「動力プラン」の解説


 プロパンガスの販売を手がける三ッ輪産業の子会社、イーネットワークシステムズの「動力プラン」を詳しく解説します。





料金プランの解説


 まずは料金プランの特徴を紹介します。


いくらお得になるのか


 大手電力会社の「低圧電力」プランとの料金単価の比較と、小規模マンションのエレベーターを想定した年間削減額の目安です(契約容量3kW 月85kWh 力率85%)


基本料金

1kWあたり
従量料金
年間削減額

小規模マンションEV
夏季
その他
東京電力 -31.9%
750円/kW
+25.1%
22.5円/kWh
+36.9%
22.5円/kWh
-5923円
中部電力 -51.0%
550円/kW
+29.6%
23.27円/kWh
+41.6%
23.27円/kWh
-12802円
関西電力 -52.8%
500円/kW
+36.6%
20.08円/kWh
+51.6%
20.08円/kWh
-13628円

 大手と比べると従量料金の単価が高い反面、基本料金が非常に安くなっています。また、新電力を含めほとんどの電力会社が夏季とその他季節で異なる料金単価を適用していますが、イーネットワークシステムズの動力プランは同一単価です。


 注意点としては、毎月変動する「燃料費調整単価」が大手や他の新電力と異なります。2017年12月の水準では、東電と比べて0.93円/kWh高、中電と比べて1.22円/kWh高、関電と比べて0.125円/kWh安となっています。


 上の試算にはこの単価を反映して計算していますが、燃料価格の推移によって変動する点は注意が必要です。


 この他、北海道、東北、中国、九州エリアにも対応しています。


こんな使い方に適したプランです


 基本料金が安いので、従量料金(電力量料金)よりも基本料金の割合が大きい場合に特にお得に利用できます。逆に、使用量が多い場合は他社の方がお得になるでしょう。


 また、年間通じて同一の料金単価なので、夏季に使用量が増える環境では更にお得に使えます。


解約時の違約金は?


 契約から1年未満の解約で5000円(税別)の解約事務手数料が発生します。




イーネットワークシステムズのメリット


 このプランのメリットを紹介します。


基本料金が大幅に安い


 料金プランの解説でも紹介しましたが、基本料金が大手や他の新電力と比べて大幅に安いです。


 使用量があまり多くなく、基本料金の比重が大きい場合にお得に使えるプランです。


イーネットワークシステムズのデメリット


 続いてデメリットを紹介します。


従量料金が大幅に高い


 基本料金が大幅に安い反面、従量料金の単価は大幅に高いです。電気の使用量が多い場合は、他社の方が安くなることもあるでしょう。


燃料調整費が大手と異なる


 燃料調整費額の単価が大手や大手にそろえている他のほとんどの新電力とは異なります。正確な料金の予測が難しい点と、燃料価格の推移によっては当初想定した削減額を達成できなくなる可能性があります。


 イーネットワークシステムズの公式サイト上の説明によれば、燃料調整費額が上昇する曲面では大手(と他の新電力)よりも安くなり、下落する曲面では他より高くなる設定になっているようです。


顧客対応に不安


 サイトを運営していることを伏せて、一消費者としてイーネットワークシステムズの公式サイトから問い合わせを行ったところ、4ヶ月経った今も返事が届いていません。


イーネットワークシステムズへの問い合わせメール

問い合わせは受領しているはずなのに・・

 問い合わせを受領したというメールは自動送信で届いているのですが、そこから何の音沙汰も無い状況です。


 「イーネットワークシステムズが安いですよ」と情報提供くださった当サイトの利用者の方は「ちゃんと契約できた」とのことですが、どうなっているのでしょうか。燃料調整単価は自分で計算しました。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A