eo電気の料金プランやセット割を詳しく解説します

eo電気の概要


親会社 関西電力 電力調達 96%は卸電力取引所から
供給エリア 関西電力エリア 契約条件 特に無し


特徴

 ・関西電力の100%子会社
 ・使用量によっては関電より割高
 ・無料の「駆けつけサービス」も開始


eo電気  関西圏在住の方には「eo光」のテレビCMでおなじみ。最近注目の格安スマホ「mineo」も取り扱っている会社「オプテージ(旧ケイ・オプティコム)」の新電力サービスです。「eo光」や「mineo」などに比べて会社名そのものはあまり知られていませんが…光ファイバー回線提供エリアの広さは全国でもトップクラス。また、関西電力の100%子会社でもあります。


 元々は大阪市や大阪ガス、三井物産などの合弁会社として1985年に設立。当初は主に企業向けのサービスを扱っていましたが、2000年以降は一般ユーザー向けサービス(PHSやケーブルテレビ事業)なども開始しました。そんなeo電気を詳しく解説します。


eo電気の公式サイト

料金プランの解説


関電と比較していくらお得?


1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
スタンダードプラン
eo光とセット
-3.7%
-1674円
-5.0%
-5120円
-5.0%
-5873円
-5.0%
-6679円
シンプルプラン
eo光とセット
+34.7%
+15663円
+7.0%
+7181円
+3.3%
+3816円
+0.2%
+217円
標準的な世帯の場合

 いずれもeo光とのセット契約した際の試算です。


 シンプルプランは電気の使用量がうんと多い世帯で、関電よりも割安になるプランです。月440kWh以上を毎月コンスタントに使う、大家族や大豪邸では関電よりも割安になります。また、550kWhを超えるとスタンダードプランよりもお得です。


解約時の違約金は?


 1年未満の解約で3千円+税の違約金が掛かります。


 ただし、申込み時に実施している「キャンペーン」によっては、解約時の違約金が掛からない場合もあります。


eo電気の公式サイト

契約事務手数料に注意


 eo電気を契約する際に、契約事務手数料として3000円+税が掛かります。ほとんどの新電力はこうした手数料を取っていないので、これだけでも大きなデメリットと言えます(当サイトの料金試算には契約事務手数料を含めていません)


 ただし、タイミングによってキャンペーンで「無料化」している場合もあるので申込時によく確認してください。


関電ガスとのセット割引も


 eo電気とセットで「関電ガス」の都市ガスを利用すると、ガス料金が毎月3%割引になります。関電ガスは大阪ガスの料金と比べて使用量に関係無くお得で、このセット割引を適用するとガス料金が合計10%程度安くなります。


eo電気の評価


 eo電気を契約する上でのメリットやデメリットを紹介します。


料金水準で見劣りする


 eo電気の一般家庭向けのプランである「スタンダードプラン」は、関電と比較して5%安いです(2人以上の世帯) 関西電力エリアに参入している新電力では、同じ条件で10%あるいは15%以上安くなるところも珍しくないので、eo電気の料金水準は見劣りすると言えます。


eo電気の公式サイト

駆けつけサービスが開始


 2019年4月から、「駆けつけサービス」が始まりました。


 eo電気が提携しているコールセンター(24時間365日受付)に電話すると、専門業者を自宅まで無料で派遣して対処してくれるサービスです。30分以内で完了する作業が無料で、以下のトラブルに対応してくれます。



 鍵をなくしたとか、水漏れしている、窓ガラスにヒビが入ったといったトラブルに対して応急処置をしてくれます。


環境・エコは?


 関電系の新電力ですが、卸電力取引所などから独自に電力を調達しています。


 2018年度実績のCO2排出係数は1kWhあたり586gと、新電力としてはやや排出量が多いと言える水準でした。関電と比較して、CO2排出量は1.4倍多いです。過去の数値を見ても、傾向としてCO2排出量が多いと言えます。


eo電気の公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A