モノタロウでんきの口コミ・評判

モノタロウでんきの概要


運営会社 モノタロウ 電力調達 エバーグリーン
供給エリア 沖縄・離島除く全国 契約条件 特になし

モノタロウでんきの特徴


 モノタロウでんきは通販大手のモノタロウが募集し、エバーグリーン社が電力を供給する新電力サービスです。エバーグリーン社は新電力大手のイーレックスと、東京電力系が出資するエネルギー企業です。


 料金プランやサービス内容を、他社のサービスと比較しながらメリット・デメリット両面から解説します。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量で大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
従量電灯B
-1.2%
-721円
-4.0%
-5248円
-4.8%
-7357円
-5.4%
-9614円
東北電力エリア
従量電灯B
-0.5%
-231円
-2.3%
-2544円
-3.2%
-4092円
-3.9%
-5748円
東京電力エリア
従量電灯B
-2.9%
-1475円
-5.6%
-6317円
-6.0%
-7953円
-6.3%
-9701円
中部電力エリア
従量電灯B
-1.8%
-926円
-4.0%
-4435円
-4.5%
-5853円
-4.9%
-7366円
北陸電力エリア
従量電灯B
-0.7%
-317円
-2.5%
-2351円
-3.1%
-3408円
-3.6%
-4540円
関西電力エリア
従量電灯A
-1.6%
-726円
-3.5%
-3583円
-3.8%
-4470円
-4.1%
-5420円
中国電力エリア
従量電灯A
-3.0%
-1415円
-5.4%
-5748円
-6.2%
-7534円
-6.8%
-9444円
四国電力エリア
従量電灯A
-2.9%
-1385円
-5.9%
-6362円
-6.9%
-8529円
-7.8%
-10848円
九州電力エリア
従量電灯B
-0.8%
-378円
-2.7%
-2748円
-3.5%
-4118円
-4.1%
-5582円

 新電力としては平均的といえる料金水準です。供給元であるエバーグリーンのエバーグリーン電気と同じ料金設定です。


セット割引は?


 モノタロウでんきを契約すると、36ヶ月(3年)にわたり契約件数1件につき毎月500円のモノタロウのクーポンがもらえます。1契約で年間6000円、3年間で18000円です。当サイトの試算にはこのクーポン分の金額を含めていません。


 クーポンは発行日から1ヶ月と短い点に注意が必要です。仕事などでモノタロウで毎月必ず利用する人であれば、使いこなせると思います。


解約時の違約金は?


 解約違約金などはありません。


支払い方法は?


 クレジットカード払いと口座振替での支払いに対応しています(コンビニ払いはカード・口座振替での支払いでエラーが出た場合などに利用可能)


モノタロウでんきの評価


 


毎月の電気代が1万円以下なら他社と比較してもお得


 大手電力の標準メニューと比べて電気代が安くなるのに加え、毎月500円分のモノタロウのクーポンが付与されることを考慮すると、概ね月の電気代が1万円以下の場合にお得な料金プランであると評価できます。


 当サイトの電気料金比較シミュレーションでは422社・4590プランを掲載していますが、毎月500円分のクーポン付与を含めて計算するとモノタロウでんきは月の電気料金が1万円以下の場合にお得です。


 月の電気代が1万円を超える場合は、電気代だけで安くなる他社の料金プランの方がお得です。「一般家庭」と比較して電気の使用量が大きい場合は、他社の方が断然安いです。


環境面・エコ


 環境省が公表したCO2排出係数のデータによると、モノタロウでんきの供給元であるエバーグリーンのCO2排出量は1kWhあたり731g(2019年度実績)と、新電力会社としてはCO2排出量がきわめて多いと言わざるを得ません。大手電力と比較しても排出量が著しく多いです。


 環境負荷が大きな電力と言えます。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A