ピタでん(F-Power)の口コミ・評判は?

ピタでん(F-Power)の概要


運営会社 F-Power
新電力大手
電力調達 自社発電所や提携発電所など
供給エリア 離島、沖縄を除く全国 契約条件 特に無し


ピタでん(F-Power)の特徴


・新電力1位のF-Power(エフパワー)が提供
・使用量が多い世帯では「最安値水準」の低料金
・悪質な対応に行政指導も(記事後半で詳説)
・120億円の巨額赤字を計上


 新電力大手のF-Powerが提供している「ピタでん」を紹介します。


 F-Powerは省エネコンサルタント事業を行っているファーストエスコ(現エフオン:マザーズ上場)の新電力部門として、2009年にスタートしました。他社には無い特徴的な発電所(詳細は記事後半で)を運営するなど、業界をリードしています。


 業界1位のシェアを獲得するまでに成長しましたが、最新期の決算で120億円という巨額の赤字を計上し、関係者の注目を集めています。業務用電力の安売りが原因と見られます。


 そんなF-Powerが家庭向けに始めたのが「ピタでん」という電力サービスです。全国各地で他社の追随を許さない「最安値水準」の料金が最大の特徴です。以下、詳しく解説します。


F-Power(ピタでん)公式サイト

料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
使った分だけ
-3.6%
-2186円
-9.4%
-12517円
-12.5%
-19303円
-14.9%
-26276円
東北電力エリア
使った分だけ
+5.2%
+2575円
-2.6%
-2848円
-6.7%
-8650円
-9.8%
-14581円
東京電力エリア
使った分だけ
+2.1%
+1069円
-5.6%
-6363円
-9.3%
-12303円
-12.0%
-18417円
中部電力エリア
使った分だけ
-0.2%
-80円
-4.3%
-4848円
-7.5%
-9714円
-9.8%
-14681円
北陸電力エリア
使った分だけ
-3.3%
-1450円
-7.0%
-6642円
-9.8%
-10743円
-11.9%
-14928円
関西電力エリア
使った分だけ
-2.5%
-1131円
-11.9%
-12134円
-13.7%
-16107円
-15.2%
-20358円
中国電力エリア
使った分だけ
+2.9%
+1356円
-7.8%
-8194円
-9.3%
-11300円
-10.6%
-14623円
四国電力エリア
使った分だけ
+2.2%
+1042円
-7.0%
-7515円
-8.9%
-10905円
-10.4%
-14532円
九州電力エリア
使った分だけ
+0.3%
+120円
-6.0%
-6026円
-9.6%
-11344円
-12.4%
-16785円

 いずれの地域でも、使用量が一定以上ある世帯では他社の追随を許さない最安値水準を実現しています。大手電力会社と比べて電気料金が大幅に安くなります。
 基本料金が0円で、1kWhあたりの従量料金が課金される料金体系となっています(Looopでんきなどと同じ)


 この他、電気代が毎月2万円を越えるような世帯でお得になる「使いたい放題」というプランもあります。毎月500kWhまで定額で、それ以上の使用量を使うと1kWhあたりの従量料金が課金されます。


F-Power(ピタでん)公式サイト

セット割引は?


 電力専業の会社であるため、セット割引などはありません。


解約時の違約金は?


 1年以内の解約で2千円+税の違約金が発生します。


 違約金に不安を感じる人には、違約金が無い料金プランをおすすめします。例えばあしたでんきは違約金無しでピタ電と同じような料金プランで、いつ解約しても違約金の発生がありません(料金はピタでんの方が年数千円安い、北海道など一部地域には非対応)


支払い方法は?


 クレジットカード払いと口座振替に対応しています。


F-Power(ピタでん)公式サイト

ピタでん(F-Power)の評価


国産ガスを使った火力発電所


 2018年7月から新潟県で稼働している長岡火力発電所は、国内でも珍しい「国産天然ガス」を燃料とする火力発電所です。新潟や秋田では今も天然ガスが産出されていますが、そうした国産の天然ガスを燃料として活用する取り組みとして注目を集めるプロジェクトです。


 長岡火力発電所は大和証券系のファンドの持ち物ですが、F-Powerがこの発電所で発電された電気を全量買い取ることが発表されています。


 小規模な発電所であるため、F-Power全体の供給量の数%にも満たない発電量ではありますが、エネルギー自給率の観点からこうした取り組みは応援したいです。


環境面・エコ


 電源構成は公表されていませんが、CO2排出係数は0.513kg-CO2/kWh(2017年度実績)と、新電力会社としては平均的な水準です。


F-Power(ピタでん)公式サイト

業務改善勧告が出た


 2018年8月、経産省の電力・ガス取引監視等委員会からF-Powerに対し業務改善勧告が出されました。


F-Powerの悪質な対応に行政指導が


 解約時の違約金の発生条件を厳しくする規約変更を行ったにもかかわらず、それを顧客(業務用の電力契約)に十分に周知しなかったことが問題視されました。


 1年以上利用すれば「違約金が掛からない」としていたものを、1年以上利用しても残りの契約期間分(1年ごとの自動更新)の違約金を払わなければならないという条件に変更した、という内容です。


120億円の赤字について


 記事冒頭でも紹介しましたが、2018年10月に発表した決算で1600億円の売上に対し120億円もの赤字を出しました。


 売上高は前期から27%増となり、新電力におけるシェアも「1位」(特別高圧・高圧部門)に躍り出ていますが、法人向け電力の過度な安売りが原因となったのではないかと電気新聞などが指摘しています。


 なお、万が一同社が倒産するようなことがあったとしても、契約者が直ちに停電することはありません。制度上保護されているので、その点は安心してください。過去に倒産した新電力についても、顧客はしっかりと保護されています。


 法人向けの特別高圧電力の販売力を前年同期比で80%減らす(2019年3月)、法人向けで北海道から撤退するなどの大規模なリストラを進める一方、家庭向けを含む低圧電力の販売を70%増やすなど戦略変更を行っているようです。また、大手電力会社や大手商社などが出資するとの観測も出ています(日本経済新聞2018年12月29日)


F-Power(ピタでん)公式サイト

関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A