ピタでんの口コミ・評判

ピタでん(F-Power)の概要


運営会社 FPS
(旧F-Power)
電力調達 不明
供給エリア 離島、沖縄を除く全国 契約条件 特に無し


ピタでん(F-Power)の特徴


・旧F-Powerが提供
・使用量が多い世帯で「最安水準」の低料金
・2021年3月に会社更生法申請 中国企業系傘下に入り経営再建目指す


 FPS(旧F-Power)が提供している「ピタでん」を紹介します。


 F-Powerは省エネコンサルタント事業を行っているファーストエスコ(現エフオン:マザーズ上場)の新電力部門として、2009年にスタートしましたが2021年に会社更生法申請し倒産。現在は中国企業系の傘下に入り、FPSという新会社に移行し再出発を図っています。


 そんなFPS(旧F-Power)が家庭向けに始めたのが「ピタでん」という電力サービスです。全国各地で他社の追随を許さない「最安値水準」の料金が最大の特徴です。以下、詳しく解説します。


料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
使った分だけ
-3.6%
-2186円
-9.4%
-12517円
-12.5%
-19303円
-14.9%
-26276円
東北電力エリア
使った分だけ
+5.2%
+2575円
-2.6%
-2848円
-6.7%
-8650円
-9.8%
-14581円
東京電力エリア
使った分だけ
+2.1%
+1069円
-5.6%
-6363円
-9.3%
-12303円
-12.0%
-18417円
中部電力エリア
使った分だけ
-0.2%
-80円
-4.3%
-4848円
-7.5%
-9714円
-9.8%
-14681円
北陸電力エリア
使った分だけ
-3.3%
-1450円
-7.0%
-6642円
-9.8%
-10743円
-11.9%
-14928円
関西電力エリア
使った分だけ
-2.5%
-1131円
-11.9%
-12134円
-13.7%
-16107円
-15.2%
-20358円
中国電力エリア
使った分だけ
+2.9%
+1356円
-7.8%
-8194円
-9.3%
-11300円
-10.6%
-14623円
四国電力エリア
使った分だけ
+2.2%
+1042円
-7.0%
-7515円
-8.9%
-10905円
-10.4%
-14532円
九州電力エリア
使った分だけ
+0.3%
+120円
-6.0%
-6026円
-9.6%
-11344円
-12.4%
-16785円

 いずれの地域でも、使用量が一定以上ある世帯では他社の追随を許さない最安水準を実現しています。大手電力会社と比べて電気料金が大幅に安くなります。
 基本料金が0円で、1kWhあたりの従量料金が課金される料金体系となっています(Looopでんきなどと同じ)


使いたい放題プラン


 電気代が毎月2万円を越えるような世帯でお得になる「使いたい放題」というプランもあります。毎月500kWhまで定額で、それ以上の使用量を使うと1kWhあたりの従量料金が課金されます。


 このプランでは、再エネ賦課金と燃料調整費を料金単価に含んでいる(他社では含んでいない)ため、自分で計算して比較する際は注意してください。再エネ賦課金込の料金単価なので、使用量が多いと非常に安いです。


解約時の違約金は?


 1年以内の解約で2200円の違約金が発生します。


 違約金に不安を感じる人には、違約金が無い料金プランをおすすめします。例えばあしたでんきは違約金無しでピタ電と同じような料金プランで、いつ解約しても違約金の発生がありません(料金はピタでんの方が年数千円安い、北海道など一部地域には非対応)


支払い方法は?


 クレジットカード払いに対応しています。


 以前は口座振替にも対応していると公式サイトにありましたが、現在はクレジットカードのみとなっています。


ピタでん(F-Power)の評価


環境面・エコ


 電源構成は公表していません。
 環境省が2022年1月に公表したF-PowerのCO2排出係数は1kWhあたり513g(2020年度実績)です。新電力会社としては平均的な水準です。


顧客対応は?


 2020年3月の平日12時にメールで問い合わせたところ、翌々日の16時に返事が届きました。新電力にとって最も忙しい時期である点は少し割り引いてあげる必要がありますが、2日掛かったのは「遅い」と言えます。


 返信の内容は的確で丁寧でした。


2021年3月に会社更生法申請


経営が不安定な状況が続いていた


 F-Powerは2018年6月期決算で1600億円の売上に対し120億円もの赤字を出しました。更に、2019年6月期の決算でも184億円の赤字と、2期連続で巨額の赤字を出したことが報道されていましたが、2021年3月に会社更生法申請を行いました。


 これまでの経営不安の詳しい経緯などは以下の記事で解説しています。


中国系企業連合傘下へ


 会社更生法申請をしたF-Powerは日本GLPをスポンサーとして経営再建を目指しています。日本GLPはシンガポールに本社を置くGLPの日本法人です。


 GLPはもともとはシンガポール政府系ファンドによって設立された物流不動産企業でしたが、2017年に中国銀行(国有銀行)、中国人寿保険(国有企業)を始めとする中国企業連合によって買収されています。


関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A