ジニーエナジーの口コミ・評判

ジニーエナジーの概要


運営会社 ジニーエナジー合同会社 電力調達 不明
供給エリア 北海道、沖縄など除く 契約条件 特に無し

ジニーエナジーの特徴


 ジニーエナジーはアメリカのニュージャージー州に本社を置くエネルギー会社の日本法人です。米国などで電気やガスの販売を手掛けており、ニューヨーク証券取引所に上場しています。


 そんなジニーエナジーは某価格比較サイトの料金比較で「上位」に登場しますが、契約2年目に料金単価が変わるなど、いくつか注意点もあります。以下、ジニーエナジーのサービス内容を詳しく解説します。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東北電力エリア
あおプラン
+12.5%
+6139円
+2.7%
+2959円
-0.9%
-1089円
-3.6%
-5253円
東京電力エリア
あおプラン
+8.7%
+4411円
-1.1%
-1212円
-4.1%
-5363円
-6.4%
-9687円
中部電力エリア
あおプラン
+8.6%
+4454円
+2.6%
+2875円
-0%
-20円
-2.0%
-2986円
北陸電力エリア
あおプラン
+5.4%
+2364円
-0.5%
-460円
-2.6%
-2763円
-4.2%
-5135円
関西電力エリア
あおプラン
+9.6%
+4267円
-3.3%
-3347円
-5.6%
-6479円
-7.5%
-9829円
中国電力エリア
あおプラン
+5.3%
+2436円
-7.1%
-7412円
-8.8%
-10575円
-10.3%
-13958円
四国電力エリア
あおプラン
+6.1%
+2846円
-6.0%
-6296円
-8.1%
-9805円
-9.9%
-13559円
九州電力エリア
あおプラン
+5.3%
+2394円
-3.1%
-3100円
-6.0%
-6911円
-8.2%
-10862円

 上表で紹介した「あおプラン」の他に、料金単価が若干高くなる「みどりプラン」があります。価格比較サイトなどにはみどりプランが載っているようです。みどりプランについては後で詳しく解説します。


 使用量が少ない場合は、大手電力会社よりも割高になる料金体系です。公式サイトにも「世帯人数が多いお客様にオススメ」と記載があります。
 世帯人数が多い場合でも、全体としては新電力会社の中では今ひとつな料金水準と言えますが、中国・四国エリアに関しては上位に入るお得なプランです。


 なお、大手電力会社やほとんどの新電力会社が採用している燃料費調整額が掛かりません。当サイトのシミュレーションでは2019年9月分の差額で補整しています。


契約2年目でプランが自動移行


 冒頭でも紹介したように、ジニーエナジーの「あおプラン」は最初の1年目のみ、公式サイトに掲載された料金単価が適用されますが、2年目以降は「みどりプラン」に移行するか、「新しい料金単価」で利用するかを選択することになります。


 つまり、公式サイトに掲載された料金単価で利用できるのは最初の12ヶ月だけということです。


 また、契約期間終了の1ヶ月前に新しい料金単価の通知が行われるとのことですが、その料金単価で継続利用する旨を連絡をしなかった場合、「みどりプラン」という全く別の料金プランに自動で移行します。


みどりプランとは


 ジニーエナジーの「みどりプラン」は、電力の市場価格をもとに毎月料金単価が変わる料金プランです。いわゆる市場価格連動型の料金プランです。


 適用される料金単価は、事前に通知されますが、市場価格によっては料金が高くなる場合もありますし、公式サイト上に計算されている料金単価(2019年8月時点)を見ても、「あおプラン」と比べて0.数円〜1円程度料金単価が高くなっています。「あおプラン」と比べて電気料金が高いと言えます。


ジニーエナジーの料金単価

左が青プラン、右が緑プラン(東北エリア)

 毎月単価が変わるため、事前に正確な料金シミュレーションをすることも出来ません。当サイトではこうした市場価格連動型のプランはシミュレーションに掲載していません。
 傾向としては「あおプラン」と同様に、使用量が少ないと大手電力会社よりも割高になる料金体系です。


解約時の違約金は?


 あおプランについては、1年契約で残存月数×500円の解約金が発生します。
 みどりプランについては解約金などは掛かりません。


支払い方法は?


 クレジットカード払い、口座振替、コンビニ払いに対応しています。


ジニーエナジーの評価


 


プランが「自動移行」はリスク


 先にも解説したとおり、契約から1年後に「あおプラン」から「みどりプラン」に自動で移行して実質値上がりする点ではリスクがあると言えます。


 こうしたシステムは外資系の新電力会社でしばしば見られるもので、内資の新電力会社ではほぼ見られません。海外では一般的なのかもしれませんが、消費者にとって優しいものではないので良くないと思います。


顧客対応は?


 平日の昼過ぎにメールで問い合わせをしたところ、2日後の午前中に返事がありました。対応の速さという点ではやや不満があります。


 外資ですが日本語で返事が届きました。


環境面・エコ


 電源構成などは公表していません。
 また、参入から日が浅いため二酸化炭素排出量などのデータもありません。


 市場価格連動のプランを用意していることから、調達は卸電力取引所に頼っているものと思われます。その場合は特に環境負荷が大きい・小さいということは無いでしょう。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A