はりま電力の料金プランやセット割を詳しく解説

はりま電力の概要


親会社 ダイワ(姫路のLPガス会社) 電力調達 太陽光買取、他社発電所など
供給エリア 関西電力エリア 契約条件 特に無し


特徴

・地産地消がスローガン(だが関西全域に対応)
・太陽光発電の買取に注力


 はりま電力は播磨エリアに密着した地域新電力です。これまで地域外に流出していた電気の購入費用を地域に留め、地域経済の活性化を図ると宣言しています。電気の調達は太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーの売買をメインにすることを目指しているそうです。


 この説明だけ読むと、播磨地域以外では購入できないのかと思ってしまいますが、関西電力管内の全域を供給エリアとしています(電話で確認済み) また、再生可能エネルギーと聞くと料金が高くなるイメージがありますが、料金水準は関西で最安値水準に設定されています。




料金プランとサービスの解説


関電と比べていくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました(関電の従量電灯Aとの比較)


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
お得率
年間節約額
0%
0円
-6.6%
-6657円
-7.5%
-8654円
-8.2%
-10790円

 関電と比べてお得ではありますが、関西で最安のあしたでんきと比較すると年間3992〜7613円程度高いです(2〜4人世帯の標準使用量で比較)


セット割


 提携先のプロパンガスとのセット割引があります。
 これを適用することで、電気料金が更に3%引きになるので、とてもお得に使えます。なお、セット割引を適用すると2年契約になるので、途中解約には3千円+税の違約金が発生します。


支払い方法は?


 口座振替のみの対応です。


解約時の違約金は?


 通常プランでは、解約時の違約金の発生はありません。
 セット割引を適用した場合は途中解約(2年契約)で3千円+税が発生します。


はりま電力の評価


 


顧客対応に難アリ?


 顧客対応については少々難があると感じた実例を紹介します。


 私が2016年春に違約金などの条件についてメールで問い合わせをした際には、なんと返信に2週間以上掛かりました。電力自由化開始前後の混乱があったとはいえ、これはアウトです。同時期に同じ内容で質問した滋賀電力からは4分で返事が来たのとは対照的ですし、同時期に問い合わせをした数十社の中でも最も遅い対応です。


 2017年12月の平日の昼に改めてメールを問い合わせしたところ、今度は3時間13分で返事が届きました。現在は「何週間も待たされる」ということは無いようですが、体制が整わないまま参入した点は批判を免れないでしょう。


太陽光発電の余剰電力買取に参入


 固定価格買取制度での買取が終了した「卒FIT」の太陽光発電の買取サービスを開始します。買取価格はセット契約する内容によって異なります。


エリア 買取価格
買取のみ 9.0円/kWh
はりま電力と
セット契約
12.0円/kWh
はりま電力&プロパンガス 15.0円/kWh

 電気とのセット契約の場合の買取価格は、関西エリアでも最高値水準の設定です。では、買取と電気の契約をセットで見るとどうか、モデルケースをもとに試算します。


ケース 電気代削減 買取金額上積み 合計(関電比)
売電・購入ともに関電 0円 0円 0円
売電を「はりま」
購入を関電
-0円 +3500円 3500円トク
売電をENEOS
購入をあしたでんき
-14395円 +7000円 21395円トク
売電・購入ともに「はりま」 -8654円 +14000円 22654円トク

 年間売電量を3500kWh、電気の使用量を月391kWhとした場合の年間試算です。


 買取だけの利用であればENEOSなど、より高値の買取メニューを選んだ方がお得です。


 セット契約にするのであれば、はりま電力は関西エリアでも最もお得な組み合わせと言ってもよいでしょう。売電価格が最高値クラスのENEOSと、電気代が最安値水準の「あしたでんき」の組み合わせよりもお得だというのは驚きです。


 ただし、オール電化用のプランを契約中の場合は、はりま電力はお得にはなりません(オール電化用プランが無い) また、売電量・買電量のバランスによっては(ENEOS買取&あしたでんきなど)の方がお得になる場合もあるでしょう。




関連記事


近畿地方の電力会社の料金ランキング

関西電力エリアにおすすめの電力会社

関電管内の新電力の料金を一挙に比較できます

新電力の選び方〜選ぶポイントはここ!

新電力を選ぶ「3つの」ポイントを紹介します。

地元の電力会社「地域新電力」を選ぼう

エコな電気と、地元に雇用を生み出す「地域新電力」とは?

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A