ひまわりでんきの口コミ・評判

ひまわりでんきの概要


運営会社 ひまわりでんき 電力調達 不明
供給エリア 沖縄・離島のぞく全国 契約条件 地域によっては
20A以上

ひまわりでんきの特徴


・代理店による勧誘には批判の声も
・プランによっては大手電力より割高になる


 豊島区に本社を置く「株式会社ひまわりでんき」のサービスです。同社は2018年設立と、新電力の中でも新しい会社です。


 各地に「ひまわりでんき」と同じ料金プランやサービスを提供する代理店を設けて活発に営業活動を行っています。一部の料金プランは条件によっては大手電力会社よりも割高になることもあるほか、付帯サービスなどもよく見ると使い勝手が悪いなど注意すべき点がいくつかあります。契約する前に必ず確認すべき情報を整理して分かりやすく解説します。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
ファミリープランB
-1.3%
-804円
-0.9%
-1205円
-1.1%
-1607円
-1.2%
-2009円
東北電力エリア
ファミリープランB
-1.6%
-778円
-1.1%
-1166円
-1.2%
-1555円
-1.3%
-1944円
東京電力エリア
ファミリープランB
-1.3%
-674円
-0.9%
-1011円
-1.0%
-1348円
-1.1%
-1685円
中部電力エリア
ファミリープランB
-1.3%
-674円
-0.9%
-1011円
-1.1%
-1348円
-1.1%
-1685円
北陸電力エリア
ファミリープランB
-1.3%
-570円
-0.9%
-855円
-1.1%
-1140円
-1.2%
-1426円
関西電力エリア
ファミリープランA
-0.9%
-402円
-0.4%
-402円
-0.3%
-402円
-0.3%
-402円
中国電力エリア
ファミリープランA
-0.9%
-397円
-0.4%
-397円
-0.3%
-397円
-0.3%
-397円
四国電力エリア
ファミリープランA
-1.0%
-485円
-0.5%
-485円
-0.4%
-485円
-0.4%
-485円
九州電力エリア
ファミリープランB
-1.5%
-700円
-1.1%
-1050円
-1.2%
-1400円
-1.3%
-1750円

 「ファミリープラン」は基本料金が大手電力会社の従量電灯プラン(標準的なプラン)と比べて安く設定されており、その分わずかに毎月の電気料金が安くなります。大手電力の標準プランよりも割高になることが無い安心感はあるものの、料金水準は新電力の中でもかなり見劣りします。


 この他のプランについては、料金シミュレーションに掲載しているのでこちらで確認してください。大手電力会社の従量電灯よりも割高になるプランもあるので注意が必要です。


ハッピープラン


 2019年7月をもって新規受付終了となりました。以下、過去情報としてしばらく残しておきます。


 「トラブル駆けつけサービス」と電子書籍サービスが付くプランです。料金は大手電力の標準プランよりも大幅に割高になります(例えば東電40A・月400kWhの場合、年10507円高)


 トラブル駆けつけサービスは主に以下のトラブルに対応してくれます。



 他の新電力の「駆けつけサービス」の場合、一定時間内に終る作業が無料となっていますが、ひまわりでんきハッピープランの場合は訪問1回あたり7千〜1万円(税抜き)の費用が掛かる上、60分を超過すると以後10分ごとに1500円が掛かります。




生活安心プラン


 家電の修理サービスが付くプランです。購入から10年以内の家電製品が故障した際に、修理を手配するというサービスです。エアコン・冷蔵庫・洗濯機の3品目については修理費用が無料ですが、それ以外の品目については修理費用が別途発生するので注意が必要です(あくまでも修理の手配をしてくれるだけ、とイメージするといいです)


 電気料金については、おおむね月400kWh以上使えば大手電力会社よりも安くなりますが、それ以下の使用量では大手電力会社よりも割高になります。同様のサービスを提供しているHTBエナジーのニチデンプランの方が料金が安いです。


解約時の違約金は?


 解約月以外の解約で解約事務手数料として3780円が発生します。
 ちなみに解約月とは契約から24ヶ月目と25ヶ月目の2ヶ月間です。


 料金の削減幅と解約条件を考えると、かえって損をしてしまうリスクがあると言わざるを得ません。


支払い方法は?


 口座振替とクレジットカード払いに対応しています。


ひまわりでんきの評価


 


節約効果を得るのが難しい


 プランによっては一般家庭では割高になりますし、安くなるプランでも大手電力会社との差はごくわずか。また解約月以外の解約で違約金が発生する点もふまえると、契約することでかえって損をしてしまうリスクがあると言わざるを得ません。


 代理店による訪問販売や電話勧誘が行われているようですが、電気料金の試算をよくした上で申し込むことをおすすめします。当サイトのシミュレーションでも確認できるので、活用してください。


 なお、代理店によっては申込時にキャッシュバック特典がある場合もあります。そうした特典を加味すれば、若干お得感が高まりますが「最安値水準」の他の新電力会社と比べるとやはり見劣りします。


環境面・エコ


 電源構成を公表していません。また、設立から新しい新電力であるためCO2排出係数のデータも無いため評価を見送ります。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A