I・Sでんきの口コミ・評判

I・Sでんきの概要


運営会社 アイエスガステム 電力調達 myでんき
(JXTGエネルギー)
供給エリア 東京電力管内 契約条件 特に無し

I・Sでんきの特徴


 千葉県船橋市に本社を置くアイエスガステム社が募集している電気です。アイエスガステムは1884年創業と歴史のある会社で、千葉県内を中心にプロパンガス事業などを手がけています。


 そんなアイエスガステム社がガソリンスタンドの「エッソ」や「モービル」「ENEOS」などを展開するJXTGエネルギーと提携して提供しているのが「ISでんき」です。JXTG社の「myでんき」とほぼ同じ料金プランとなっています。


 アイエスガステム社自身も2019年5月に電気の販売に必要な登録を済ませており、今後の動向にも注目が集まります。


 そんな「ISでんき」のサービス内容を詳しく解説します。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
標準プラン
0%
0円
-3.3%
-3776円
-5.3%
-7062円
-5.3%
-8128円
東京電力エリア
まとめて300
20A契約不可 -7.5%
-8468円
-6.7%
-8937円
-6.2%
-9440円
東京電力エリア
まとめて400
20A契約不可 +4.4%
+5027円
-8.1%
-10746円
-9.5%
-14585円
東京電力エリア
たっぷりプラン
20A契約不可 -2.8%
-3156円
-4.5%
-5989円
-5.9%
-9020円

 冒頭でも紹介したように、「myでんき」と同じ料金プランです。


 料金水準は、関東エリアの他の新電力と比較して「平均」か「やや高い」と言える水準です。東電と比較すると安くなります(一部は割高になる場合も)が、新電力としてはやや見劣りします。


セット割引は?


 セット割引きなどはありません。


 なお、I・Sでんき、myでんきともにガソリンの割引特典はありません。ちなみに競合である昭和シェル石油の電気や、myでんきと同じ会社であるENEOSでんきには電気の契約で給油割引特典があります。


解約時の違約金は?


 解約時の違約金などは発生しません。


支払い方法は?


 口座振替とクレジットカード払いに対応しています。


I・Sでんきの評価


 


環境面・エコ


 2015年度後半実績の電源構成は48%が石油火力発電、33%がガス火力、13%が石炭火力発電となっており、火力発電が中心です。


 2017年度実績のCO2排出量は1kWhあたり509gと、東電・中電・関電と比べてやや排出量が多いものの、電力会社としては「平均的」と言える水準です。


 今後もし自社供給に切り替わった場合は、電源構成などが大きく変わる可能性があります。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A