格安電力の口コミ・評判

格安電力の概要


運営会社 格安電力株式会社 電力調達 不明
供給エリア 沖縄・離島除く全国 契約条件 特に無し

格安電力の特徴


・社名は「格安」だが料金は全く格安ではない
・電話セールスの会社が親会社
・CO2排出量が多い


 「格安電力株式会社」は大阪の心斎橋に本社を置く新電力です。NTTの代理店や電話によるセールスを行うコンシューマーサポート株式会社(売上高13億円:2017年)の関連会社とみられます(社長が同一人物、同じビルに入居)


 社名は「格安」ですが、実際の料金水準はというと「格安」とは程遠い水準です。料金プランの解説に加え、問題点も詳しく指摘していきます。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
格安プラン
20A契約不可 -0.8%
-1114円
-1.2%
-1816円
-1.5%
-2567円
東北電力エリア
格安プラン
20A契約不可 -0.3%
-341円
-0.5%
-646円
-0.7%
-972円
東京電力エリア
格安プラン
20A契約不可 -0.5%
-524円
-0.8%
-999円
-1.0%
-1507円
中部電力エリア
格安プラン
20A契約不可 -0.4%
-480円
-0.7%
-918円
-0.9%
-1387円
北陸電力エリア
格安プラン
20A契約不可 -0.4%
-403円
-0.7%
-764円
-0.9%
-1150円
関西電力エリア
格安プラン
+0.4%
+201円
+1.7%
+1730円
+1.6%
+1879円
+1.5%
+2039円
中国電力エリア
格安プラン
0%
0円
-0.8%
-852円
-1.3%
-1616円
-1.8%
-2433円
四国電力エリア
格安プラン
0%
0円
-0.8%
-873円
-1.4%
-1657円
-1.8%
-2496円
九州電力エリア
格安プラン
20A契約不可 -0.1%
-98円
-0.3%
-346円
-0.5%
-611円

 冒頭でも紹介したように、「格安」とは程遠い料金水準です。大手電力会社とほぼ変わらず、新電力の中では明らかに「下位」の料金プランです。


 関西にいたっては、一般家庭の使用量では関電よりも割高になるので注意が必要です(関電が2018年7月に値下げをしたが格安電力が料金を据え置いている)


解約時の違約金は?


 2018年度中に契約した場合に限り、いつ解約しても違約金は発生しないとしています。




支払い方法は?


 口座振替とクレジットカードに対応しています。
 カードはVISAとMasterCardのみで、JCBには非対応です。


格安電力の評価


 


社名と料金水準に大きな齟齬が


 冒頭から何度も紹介したように、「格安電力」という社名でありながら料金水準は新電力としては全く「格安」とは言えないものです。


 公式サイトには「地域最安値宣言」や「新電力価格満足度No.1」などの文言がありますが、誇大広告と言えるでしょう。この価格に満足しているユーザーがいないとは断言出来ませんが、少なくとも最安値ということはありえないです。どの地域でも最安値からは程遠いです。


格安電力株式会社の公式サイトのバナー

公式サイトのバナー(2019年1月6日閲覧)

電話営業に注意


 関連会社とみられるコンシューマーサポート株式会社の求人情報を見ると、電力の電話営業を行う求人募集をしていました。


格安電力関連会社の求人

エン転職の求人(2019年1月6日閲覧)

 「かなり電気代のカットになりますよ!」といった提案を行うとの記述がありますが、上で紹介したように大手電力会社とほぼ変わらない料金水準なので注意してください。


環境面・エコ


 電源構成は公表されていませんが、環境省を通じて公表されたCO2排出係数は新電力の中でも「ワーストクラス」と言える悪い値です(1kWhあたり718gを排出/平成28年度実績)


 東京電力や中部電力と比べると排出量は2倍にものぼります。環境負荷が大きい電力です。排出係数から推測するに、石炭火力発電所からの調達の割合が大きいはずです。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A