シン・エナジー「昼生活フィットプラン」を利用した感想

シン・エナジーの生活フィットプランのメリット・デメリットは


 シン・エナジーが提供している「生活フィットプラン」を、電力自由化の専門家である私が実際に自宅で利用してみて感じたメリット・デメリットを詳しくまとめます。通常プランとの電気料金の比較も。



シン・エナジー公式サイト

【昼】生活フィットプランとは


 まずは【昼】生活フィットプランとは何か、分かりやすく解説します。


昼間と深夜に安い料金プラン


昼生活フィットプラン

公式サイトより

 【昼】生活フィットプランは、昼間の料金単価を安く設定しているのが特徴です。


 これまで、オール電化プランを始め深夜の料金単価が安いプランは数多く存在していました。これは電力の需要が深夜に少なく、需要の少ない時間帯に多く使ってもらうための策として推進されてきたものです。


 昨今は太陽光発電の大幅な増加により、深夜よりもむしろ昼間に電力が「余っている」状況が生まれています。そうした情勢をふまえて誕生した料金プランです。


 【昼】生活フィットプランは昼間の料金単価が安いことに加え、実は深夜の料金単価も安く設定されており、昼間と深夜に安い料金プランと言えます。


休日昼間などは高い


 昼間と深夜に安い一方、「高い」時間帯もあります。



 上記の3つの時間帯は、昼間・深夜よりも料金単価が高く設定されています。


 高く設定されているとはいえ、大手電力会社の標準的な料金プランと同程度の水準です。


シン・エナジー公式サイト

生活フィットプラン(昼)を利用した感想


 これまで10社の新電力を代わる代わる利用してきた私が、生活フィットプランを自宅で利用してみて感じたことをまとめます。


安く使うために「やったこと」の一覧


 時間帯によって料金単価が異なるため、「高い」時間帯を避けることで電気料金を安く抑えることが出来ます。具体的に我が家で行ったことをまとめます。



 ドラム式洗濯機に関しては、例えば料金が高い休日昼間を避けて深夜に洗濯しました。ドラム式洗濯機の洗濯・乾燥の消費電力量から計算すると、1回あたり5円以上の差になります。


 また、食洗機についても食後すぐに起動するのではなく、電気代が安い22時以降に動かすようにしました。


 それ以外の部分に関しては、変えようがないため通常どおりです。また、家族に対しては時間帯によって料金単価が変わることは話していません(話しても協力を得られないため)


ドラム式洗濯機

タイマー設定できる家電は時間調整しやすい

深夜帯が安く、そして長い点は良かった


 昼生活フィットプランは昼間の料金単価が安いことに加え、「深夜」が更に安いプランです。料金が安いことに加え、「深夜」の時間帯が一般的な深夜料金プランよりも長い点が良いなと思いました。


 シン・エナジーの生活フィットプラン(昼)の深夜帯は毎日22〜翌朝8時ですが、一般的な深夜料金プランの深夜帯は23時や午前1時から始まったり、朝は午前6時に終わってしまうものが多いです。より長い時間帯にわたり安く使えるため、焦らずに対応出来ました。


シン・エナジーの請求書

請求書に毎月の節約金額が記載されている

休日昼間に高い点は不満


 不満に感じた点を挙げると、「休日昼間」が高い点です。


 我が家は平日・休日問わず在宅していることが多いため、土日祝の昼間も関係無く電気を使います。休みの日に家族で出かけてしまうご家庭では、よりお得に使えるでしょう。


 とはいえ、「高い」といっても大手電力と同程度の料金単価であるため、休日に在宅していても直ちに電気代が高くなってしまうわけではありませんが、損した気分にはなります。


シン・エナジー公式サイト

電気料金はどうなったか


 実際の請求額をもとに、電気料金を評価します。


シン・エナジーきほんプランより安かった


 東京電力エリア、60A契約で使用量が404kWhでした。シン・エナジーの他のプランや、東京電力と料金単価を比較します(再エネ賦課金、燃料費調整、口座振替割引等を含まない)


社名・プラン名 料金 差額
東京電力
従量電灯B
12047円 -
シン・エナジー
きほんプラン
11184円 -863円
シン・エナジー
生活フィットプラン(夜)
10624円 -1423円
HTBエナジー
プライム60※参考用
10368円 -1679円
シン・エナジー
生活フィットプラン(昼)
10075円 -1972円

 我が家の場合、東電と比較して月に2千円近い節約となり、シン・エナジーの「きほんプラン」や「生活フィットプラン(夜)」よりも安くなりました。


 時間帯制でない料金プランの中で同条件で「最安」となるHTBエナジーの「プライム60」よりも更に300円程度安くなりました。最安より更に安いと言えます(※当サイトの電気料金シミュレーションは、時間帯によって料金単価が変わるプランに対応していません)


シン・エナジー公式サイト

一人暮らしにはおすすめできない


 「かなり安い」と評価しましたが、一人暮らしのように電気の使用量が少ないケースでは安くならないか、料金削減効果は小さいです。


 大手電力会社の料金プランは、使用量が増えるごとに電気料金の単価が3段階で高くなる料金体系をとっており、一人暮らしのように使用量が少ない場合は料金単価自体が安く抑えられます。


3段階制料金プラン

一般的な3段階制の料金プラン

 シン・エナジーの昼生活フィットプランの料金単価は、「安い時間帯」でも大手電力の最も安い料金単価と同水準であり、使用量が少ない場合は優位性が小さいです。また、休日昼間などは料金単価が高いため、必ずしも節約になるわけではありません。


オール電化にも推奨できない


 オール電化住宅で生活フィットプランを契約しようと考えている人もいるかもしれませんが、おすすめしません。


 オール電化プランは昼間の料金単価が高い代わりに、深夜の料金単価が大幅に安く設定されています。生活フィットプラン【昼】あるいは【夜】は深夜の料金単価が安いとはいっても、オール電化プランの深夜料金単価と比較すると高いです。


 シン・エナジーの公式サイト上でも、生活フィットプラン(昼・夜ともに)はオール電化住宅に対して訴求していません。オール電化住宅では「オール電化プラン」をおすすめします。


シン・エナジー公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A