シン・エナジー「シンぷるプラン」のメリット・デメリット

シン・エナジー「シンぷるプラン」の概要


運営会社 シン・エナジー 電力調達 他社発電所など
供給エリア 北海道・沖縄除く全国 契約条件 地域によっては30A以上

シン・エナジー公式サイト

シン・エナジー「シンぷるプラン」の特徴


 神戸に本社を置く中堅新電力シン・エナジーが2021年12月に提供を開始した「シンぷるプラン」を解説します。


 従来プランと比較して、使用量が多い世帯で大幅に割安になる料金体系です。従来プランとも比較しながらメリット・デメリットを詳しく解説します。


料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量で大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東北電力エリア
シンぷるプラン
20A契約不可 -1.5%
-1593円
-5.5%
-7159円
-8.6%
-12836円
東京電力エリア
シンぷるプラン
20A契約不可 -4.5%
-5108円
-8.1%
-10811円
-10.9%
-16673円
中部電力エリア
シンぷるプラン
20A契約不可 -3.1%
-3468円
-6.2%
-8082円
-8.6%
-12779円
北陸電力エリア
シンぷるプラン
20A契約不可 -4.3%
-4087円
-7.1%
-7791円
-9.2%
-11550円
関西電力エリア
シンぷるプラン
-1.1%
-504円
-9.6%
-9748円
-11.3%
-13108円
-12.6%
-16702円
中国電力エリア
シンぷるプラン
+4.3%
+1994円
-5.8%
-6193円
-7.4%
-8970円
-8.7%
-11941円
四国電力エリア
シンぷるプラン
+1.9%
+889円
-6.6%
-7137円
-8.4%
-10399円
-9.9%
-13889円
九州電力エリア
シンぷるプラン
20A契約不可 -4.5%
-4500円
-8.1%
-9548円
-10.8%
-14700円
沖縄電力エリア
シンぷるプラン
+3.7%
+1927円
-2.4%
-2683円
-3.5%
-4543円
-4.5%
-6533円

 基本料金0円+一段階の電力量料金という料金体系です。Looopでんきと同じ料金体系ですが、Looopよりもシン・エナジー「シンぷるプラン」の方が割安です。


 ファミリー世帯で割安に使える料金体系です。4人世帯では新電力の料金プランとしては「最安水準」といえる価格設定です。


 また、関西・中国・四国の3エリアに関しては、2・3人世帯でも最安水準です。


 一人暮らしの使用量では、同じくシン・エナジーの「きほんプラン」の方が安くなるケースが多いです。一人暮らしにはメリットが薄い料金体系といえます。


シン・エナジー公式サイト

解約時の違約金は?


 初期費用・解約金などはありません。


支払い方法は?


 口座振替とクレジットカード払いに対応しています。


 他の新電力、あるいは大手電力の自由化向けプランでは「口座振替割引」が無いことがほとんどですが、シン・エナジーでは口座振替・カード払いとも月55円の口座振替割引が適用されます(当サイトの試算には口座振替割引を含めています)


シン・エナジー公式サイト

シン・エナジー「シンぷるプラン」の評価


 


使用量が多い世帯で「最安水準」


 シン・エナジーのシンぷるプランは、使用量が多いか契約容量が大きい場合に割安になる料金体系です。ファミリー世帯向けのプランと言えます。


 4人以上の世帯では新電力の料金プランとしては最安水準といえる料金水準と評価出来ます。


一人暮らしではメリット薄い。割高になる場合も


 ファミリー世帯向けの料金プランなので、一人暮らしのように使用量が少ない場合はメリットが薄いです。大手電力より割高になるリスクもあるので注意が必要です。一人暮らしの人には、シン・エナジーの「きほんプラン」の方をおすすめします。


 一人暮らしでも使用量に対して契約容量が大きい場合は、逆に「最安水準」となる場合もあります。例えば戸建て住宅で一人暮らしをしている場合などが当てはまります。


環境面・エコ


 自社で小水力発電所や地熱発電所を多数保有していますし、公式HPにも「多様な再生可能エネルギーを開発・推進しています」と一番目立つところに大きく表示していますが、電源構成を公表していません。


 環境省が2022年1月に公表したCO2排出係数(2020年度実績)を見ると、CO2排出量は1kWhあたり473gと、新電力としては平均的といえる水準です。年々改善傾向が見られます。


シン・エナジー公式サイト


関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A