九電みらいエナジーの口コミ・評判

九電みらいエナジーの概要


運営会社 九州電力子会社 電力調達 卸電力取引所など
供給エリア 東京電力管内 契約条件 30A以上

九電みらいエナジーの特徴


 九電みらいエナジーは、九州電力の100%出資子会社として設立された新電力会社です。家庭向けの電気の販売では関東を中心に展開、また九州を中心に太陽光やバイオマス、地熱発電などの再生可能エネルギーの開発にも力を入れています。


 そんな九電みらいエナジーのメリット・デメリットを、他の新電力会社と比較しながら解説していきます。


料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
基本プランS
20A契約不可 -3.7%
-4168円
-4.3%
-5743円
-4.8%
-7410円
東京電力エリア
基本プランM
20A契約不可 -3.8%
-4330円
-5.2%
-6969円
-6.4%
-9754円
東京電力エリア
WAONプランS
20A契約不可 -3.5%
-3924円
-4.1%
-5487円
-4.7%
-7139円
東京電力エリア
WAONプランM
20A契約不可 -3.7%
-4239円
-5.2%
-6864円
-6.3%
-9634円

 使用量が少ない世帯向けの「Sプラン」と、多い世帯向けの「Mプラン」に別れます。


 JALマイルが還元される「JALマイルプラン」もありますが、WAONプランよりもやや高いのでここでは割愛します(電気料金シミュレーションには掲載)


 いずれのプランも、関東エリアの新電力としては「平均的」と言える水準です。


解約時の違約金は?


 契約上は1年契約の自動更新ですが、解約による違約金の発生はありません。


支払い方法は?


 クレジットカード払いと口座振替に対応しています。


九電みらいエナジーの評価


 


九州で暮らす家族を「見守る」サービスも


 九電みらいエナジーの特徴的なサービスとしては、「九州親孝行サポート」というサービスがあります。九州で離れて暮らす家族の見守りや、かけつけ訪問サービス、あるいは空き家管理サポートサービスなどを提供しています。
 いずれも月額料金や、あるいは実際に駆けつけた際に1回あたりの費用が請求されます。


 例えば「かけつけ訪問」の場合は月330円に加えて、出動1回あたり8800円(年1回目は2200円)となっています。離れて暮らす親御さんと連絡がつかない場合などに、様子を見に行ってもらうことが出来ます。


環境面・エコ


 再生可能エネルギーの開発にも力を入れている会社ではありますが、2017年度実績の電源構成は51%が卸電力取引所、47%が「その他」となっています。


 2018年度実績のCO2排出係数は1kWhあたり424gと、新電力としては排出量が少ないと言える値でした。462gの東京電力と比較してもCO2排出量は8.2%少ないです。


 2017年度以前の値は512g(17年度)、497g(16年度)と、新電力としては平均的な排出量でした。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A