20Aで安さが際立つまちエネ

20Aにおすすめ出来る「まちエネ」


 ローソンが提供している「まちエネ」は、20A契約にこそおすすめ出来る料金体系、サービス内容です。全国431社の料金プランに目を通している私が他社のプランと比較しながら分かりやすく解説します。



20A契約で「安い」まちエネ


 まちエネは20A契約でこそ安いです。実際の数字を交えながら解説します。


地域ごとの料金シミュレーションの一覧


 まずは地域ごとに、大手電力会社の標準的な料金プランと料金比較を行います。20A契約、一人暮らし世帯の平均使用量(月170kWh)での試算結果です(まちエネ「きほんプラン」)


地域 年間削減額・率
東北電力エリア -2.5%
-1257円
東京電力エリア -2.6%
-1315円
中部電力エリア -2.4%
-1254円

 東北電力・中部電力エリアでは、この条件では最安水準といってもよい料金水準です。30A以上の契約では最安水準とは言い難いまちエネですが、20A契約では全国の新電力の中でも「安い」と言えます。


まちエネ公式サイト

大手電力と比較して「高くならない」料金体系


 「20A契約」は、電力会社にとって採算性が低いです。分かりやすく言えば「儲からないお客さん」です。


 そのため、20A契約を受け付けていない新電力も多いですし、契約できても大手電力会社よりもむしろ高くなってしまう料金を設定している新電力も少なくありません。


 まちエネの「きほんプラン」は、20A契約でも大手電力会社の標準プランよりも安くなる料金体系なので、その点でも安心して契約できる料金体系と言えます。


毎月もらえるクーポンでも数百円お得に


 まちエネの「きほんプラン」を契約すると、ローソンで商品と交換できるクーポンが毎月もらえます。


 商品は毎月変わりますが、「プレミアムロールケーキ2個」や「コーヒーorカフェラテLサイズ」といったものが過去に提供されています。電気料金とは別に、毎月数百円分のメリットを得られます。


まちエネのクーポンでもらえる商品

過去のクーポン特典

 仮に月200円分の特典とすると、年間で2400円。電気料金の削減額とあわせると新電力の料金プランとしては群を抜いて安いものとなります。


 また、ユナイテッド・シネマでの映画鑑賞が1300円になる特典も付いています(通常1800円)


契約するなら「きほんプラン」を推奨


 まちエネと契約するのであれば「きほんプラン」を推奨します。それ以外のプランでは、電気代に対するPontaポイント還元が無かったり、電気料金が高かったり、クーポン券の特典が付きません。まちエネで最もお得なのは「きほんプラン」なので、申し込む際に間違えないよう注意してください。


まちエネ公式サイト

関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A