Listでんきの口コミ・評判

Listでんきの概要


運営会社 リスト 電力調達 卸電力取引所など
供給エリア 東京電力管内 契約条件 30A以上

Listでんきの特徴


 2019年6月からサービスを開始した「Listでんき」は、神奈川に地盤をもつ不動産会社「リスト」のグループ会社のサービスです。リスト社は横浜のシンボルの一つでもある横浜マリンタワーの運営事業者でもあります。


 そんなリストが後発ながらもサービスを開始した「Listでんき」は電気料金に魅力がある反面、解約条件などにデメリットがあると言えるサービス内容です。電力自由化の専門家として多数のメディア取材を受けてきた私が、詳しく解説します。


横浜マリンタワー David Mark撮影

横浜マリンタワー



料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
ライフサポート
20A契約不可 -3.9%
-4303円
-6.8%
-8836円
-9.0%
-13568円

 一般家庭向けの「ライフサポートプラン」は、使用量が多い世帯(4人世帯など)では東京電力管内で上位のお得な料金水準となっています。使用量が少ない場合は下位の料金プランです。


 契約アンペア(A)によって変わる基本料金に加え、1kWhあたり一律の料金単価が加算される料金体系です。


 注意点としては、月の使用量が240kWhを下回ると東京電力の「従量電灯B」よりも割高になります(30A契約の場合) 東電の請求額だと6700円程度が目安になります。


セット割引は?


 不動産会社の電気なので、不動産売買時の仲介手数料無料を10%割引く特典があるとのことです(同社プレスリリースより)


解約時の違約金は?


 注意が必要な点です。


 契約期間は2年、また最低利用期間は1年と設定されています。
 1年未満で解約した場合は解約手数料として6400円発生するほか、それ以上の期間利用した場合でも「更新月」以外に解約すると3200円の解約手数料が発生します。


 更新月は契約した月から24ヶ月目とその翌月のみです。契約は自動更新になるので、何年契約しても更新月以外に解約すると手数料が発生します。


支払い方法は?


 個人のユーザーはクレジットカード払いのみ対応しているとのことです。


Listでんきの評価


 


解約条件がネック


 料金水準は先行して参入し人気を集める楽天でんきLooopでんきと同等か、条件によってはListでんきの方が安くなる場合もありますが、解約条件がネックと言えるでしょう。


 楽天やLooopでは解約手数料や違約金などは発生しません。


環境面・エコ


 電源の調達方法などは公式サイト上では開示されていません。
 問い合わせて確認したところ、詳細は開かせないが卸電力取引所や提携発電所から調達しているとのことでした。


顧客対応は?


 サービス開始直後の2019年6月の平日昼12時にメールで問い合わせたところ、翌日の20時に返答がありました。対応はやや遅いと感じますが、サービス開始直後なのでまだ安定していないのかもしれません。


 返答内容は的確でした(支払い方法と電源の調達方法について質問)




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A