LooopでんきのCO2排出係数ってどうなの?

LooopでんきのCO2排出量は?


 再生可能エネルギーで26%をまかなうLooopでんき。では、CO2排出量は他の電力会社と比べて多いのか少ないのか。環境省を通じて公表されているデータをもとに解説します。



公式サイト



CO2排出係数とは?


 電力会社ごとに発電方法が異なるため、CO2排出量は異なります。その違いを分かりやすく比較する方法として「CO2排出係数」という数値を確認するのが手っ取り早いです。


 CO2排出係数は、1kWhの電気をつくるのに発生させたCO2の「重さ」を表す数値です。例えば0.500kg-CO2/kWhという数値の場合、1kWhの電気をつくるごとに0.5KgのCO2を排出したことになります。


CO2排出係数とは


LooopでんきのCO2排出係数


 では、LooopでんきのCO2排出係数はどうなのか。環境省の資料をもとに、遡れる過去3年分(平成26〜28年度実績分)の数値を見てみましょう。


3年分の実績データ


年度 調整後排出係数
(kg-CO2/kWh)
2016年 0.505
2015年 0.673
2014年 0.400

 年度によって数値が大きく増減していますが、このような実績となっています。


公式サイト

他社と比較してどうなの?


 Looopでんきの数値だけ見ても多いのか少ないのか分かりにくいので、他社のデータと比較してみます。


 まずは大手電力会社の排出係数を見てみましょう(2016年度分)


会社名 CO2排出係数(調整後)
単位:kg-CO2/kWh
北海道電力 0.640
東北電力 0.548
東京電力 0.474
中部電力 0.480
北陸電力 0.624
関西電力 0.493
中国電力 0.694
四国電力 0.529
九州電力 0.483
沖縄電力 0.789

 大手電力会社はCO2排出係数の変動が少ないため、おおむね過去のデータも同等の数値です。


 Looopでんきの排出係数は0.505なので、東電・中電・九電以外の大手7社と比べるとLooopでんきの方が低排出と言えます。


 ちなみに、北海道電力と比較した場合、月300kWhの電気を使う一般的な家庭では年間486KgのCO2を削減できます。一方、東電と比べると111Kg増えます。


公式サイト

意外と排出量が少なくない理由は?


 「再生可能エネルギーで26%を調達」と言われると、もっと排出量が少なくてもいいような気がします。実際、新電力大手で電気のほぼ全てを火力発電でまかなっている東京ガス(0.386)、大阪ガス(0.385)と比べてもLooopでんきは排出量が多いです。


Looopでんきの二酸化炭素排出量


 まず、Looopでんきの電気の23.4%を占める「FIT電気」は再生可能エネルギーではありますが、CO2排出係数の計算上はCO2排出量を「ゼロ」として扱うことができないという事情があります。


 FIT電気は国の制度で買い上げられた「再生可能エネルギー」です。その電気を使うことで実際には排出量削減に貢献しているものの、国民全体から集められたお金(再エネ賦課金)で買い取られた電気であるため、CO2排出係数を計算する際はFIT電気を使う電力会社に有利にならぬよう、「一般的な排出量」とみなして排出係数が計算されます。


 ちなみに、この一般的な排出量というのは2016年度は0.512という数値を当てはめて計算することになっています(「代替値」) したがって、CO2排出係数を算定する上でFIT電気は恩恵がありません。


公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A