ナンワエナジーの口コミ・評判

ナンワエナジーの概要


運営会社 南和(鹿児島) 電力調達 不明
供給エリア 九州電力管内 契約条件 特に無し

ナンワエナジーの特徴


・鹿児島の南和の電力事業が分社化して設立
・電気料金は下位〜平均レベルの水準


 鹿児島で建材の販売などを手がける「南和」の電力事業が2014年に分社化して設立された新電力です。鹿児島を中心に九州エリアで事業を手がけ、鹿児島県庁などにも電気を供給した実績があります。


 そんなナンワエナジーのサービスや特徴を分かりやすく解説します。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
九州電力エリア
スタンダードM

 「スタンダードM」が最もベーシックなプランです。
 契約アンペア数によって料金単価が異なり、30A以下では契約メリットが小さく、逆に50A以上だと九電と比べて大幅に安くなる料金体系です。


 料金水準は九電エリアの新電力の中では最安値水準に一歩及ばず、といったところです。


 この他、オール電化用のプランなどもあります。


セット割引は?


 以下の割引があります。


割引内容 割引額
Tポイント還元 0.5%
ペーパーレス割引 108円/月

 電気代に対し0.5%相当のTポイントが貯まります。


 また、電気代の請求書(検針票)を紙で発行せずウェブで確認する場合は、ペーパーレス割引として毎月108円の割引があります。


 当サイトの試算にはいずれの割引も含めて計算しています。


解約時の違約金は?


 1年未満の解約で3千円+税の違約金が発生します。新電力としては発生条件・金額ともに平均的といえる水準です。


 過去には「残りの契約期間(月)×1000円」つまり最高で1万円以上の違約金が発生するという、全国的にも非常に厳しい「縛り」がありましたが、現在は適正な水準に変更されています。


支払い方法は?


 口座振替とクレジットカード払いに対応しています。


ナンワエナジーの評価


 


環境面・エコ


 ナンワエナジーは電源構成を公表していないので、環境省を通じて公表されたCO2排出係数をもとに評価します。


 2017年度実績の排出量は1kWhあたり465gと、九州電力の463gとほぼ同じ水準です。16年度は552g、15年度は547gという値でした。おそらく卸電力取引所からの調達が多いのではないかと思います。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A