奈良電力の口コミ・評判

奈良電力の概要


親会社 山本商事 電力調達 卸電力市場
供給エリア 関西電力エリア 契約条件 特に無し


特徴


・奈良県内での地産地消を目指す
・設立母体は砕石・リサイクル事業を行っている山本商事
 廃棄物固形燃料製造やメガソーラーの建設などを展開


 奈良電力は、奈良県内での電気の「地産地消」の実現を目標として設立された地域新電力です。


 設立母体である山本商事は砕石やリサイクル事業を展開する企業グループです。創業は1971年、2015年の売上高はグループ全体で70億円と、新電力の設立母体としては中堅規模といえます。メガソーラーの建設や、産業廃棄物を原料とした固形燃料の生産を行っています。


 奈良電力では、当初は卸電力市場からの調達に頼るとしていますが、将来的には県内で発電した再生可能エネルギーの電気を中心とした展開を視野に入れています。山本商事の既存事業を上手く活かした形で、県内での電源確保を進めていくようです。




料金プランとサービスの解説


関電と比べていくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました(関電の従量電灯Aとの比較)


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
ならでん電灯A +0.6%
+270円
-7.4%
-7603円
-8.6%
-10131円
-9.6%
-12836円

 月に210kWh程度の使用量があれば関電より割安、それより使用量が少ない場合は関電よりも「割高」となる料金体系です。一人暮らしなどで割高になるリスクが大きいので要注意。


 2人以上の世帯では関西電力エリアの新電力としては「上位」のお得な料金プランと言えます。最安値水準と比較すると割高ですが、平均水準以上の料金プランです。


解約時の違約金は?


 年縛りの無いプランは解約時の違約金発生なし。
 2年契約プランの途中解約は1千円+税となっています。


 2017年2月までは1年未満の解約で2千円でしたが、改訂されて契約しやすくなりました。


支払い方法は?


 以前は口座振替のみの対応でしたが、2017年4月からクレジットカード払いにも対応しています。Visa、MasterCard、DinersClubに対応(JCB不可)


奈良電力の評価


 滋賀電力和歌山電力はりま電力などを同じく、新電力の設立・運営をサポートしている日本新電力総合研究所という会社と提携しています。電力事業に必要な業務を専門の会社にアウトソーシングすることで効率を高め、低料金を実現しています。


顧客対応は?


 顧客対応については、2016年春に電話で問い合わせを行った時はすぐに電話が繋がり、対応も丁寧でよかったです。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A