新日本エネルギーの口コミ・評判

新日本エネルギーの概要


運営会社 NEXT ONE 電力調達 卸電力取引所など
供給エリア 関東・北陸・九州 契約条件 20A以上

新日本エネルギー公式サイト

新日本エネルギーの特徴


 auひかりの代理店事業などを展開してきた株式会社 NEXT ONE(東京都渋谷区)の新電力サービスです。プロレスラーの高田延彦さんを起用したプロモーションを展開しています。


 2021年4月に料金メニューを一新しました。以前のプランとの違いや、他社とも比較しながらメリット・デメリットを分かりやすく解説します。


料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量で大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
新ネクストプラン電灯B
0%
0円
-0.8%
-881円
-1.3%
-1670円
-1.6%
-2515円
北陸電力エリア
新ネクストプラン電灯B
0%
0円
-0.8%
-799円
-1.2%
-1288円
-1.5%
-1939円
九州電力エリア
新ネクストプラン電灯B
0%
0円
-0.8%
-754円
-1.2%
-1430円
-1.6%
-2153円

 これまであった「おうち時間応援プラン」に代わって2021年4月にスタートした新たなプランです。


 一人暮らしなど使用量が少ない場合は大手電力標準メニューと同水準、使用量が多くなるとわずかに安くなる料金設定です。新電力の料金プランとしては見劣りする料金設定と言えます。


新日本エネルギー公式サイト

解約時の違約金は?


 Webからの申込みに限り、解約金無しとなりました。詳しくは申込時に、申し込みフォーム等をご確認ください。


 なお、以前設定されていた解約条件・解約金は新電力としては非常に厳しいと言わざるを得ないものでした(解約金9900円)


支払い方法は?


 クレジットカード払いと口座振替に対応しています。


新日本エネルギー公式サイト

新日本エネルギーの評価


 


2021年4月に料金プランを一新


 2021年4月1日に料金プランを一新しました。変更点は以下のとおり。



 これまで沖縄・離島を除く全国に対応していましたが、関東・北陸・九州の3エリアに対応エリアを縮小しました。


 また、これまで主に一人暮らし世帯で非常に安かった「おうち時間応援プラン」を廃止し、新たに「新ネクストプラン」が開始しました。


顧客対応は?


 2020年7月にメールで問い合わせを行ったところ、わずか1時間後に返信がありました。新電力の顧客対応の「速さ」としては非常に優秀と言えます。返答の内容にも特に問題は見受けられませんでした。


環境面・エコ


 2021年1月に環境省が公表した2019年度実績のCO2排出量のデータでは、新日本エネルギー(運営元であるNEXT ONE)の排出量は1kWhあたり652gでした。新電力としてはCO2排出量が多いと言えます。


 公式サイトには「日本卸電力取引所から調達」とあります。


デメリットは「申し込みフロー」


 2020年12月に実際に新日本エネルギーに申し込みを行った際に、面倒な点を発見しました。


 他社ではネットで申し込み手続きをするだけで切り替えが完了します(これまで契約した11社はそうだった)が、新日本エネルギーはネットから申込後、電話による「確認」が入ります。


 申込時に、電話の希望日時(平日/休日、時間帯)を指定できるものの、これは面倒です。


新日本エネルギー公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A