親指でんきの評価

契約したから分かる親指でんきの利点・欠点


運営会社 ユビニティー
(省エネコンサル)
電力調達 卸電力取引所
供給エリア 北陸、沖縄、離島を除く全国 契約条件 プランによっては
30A以上

公式サイト

親指でんきの特徴


Looopでんきと全く同じ料金プラン
・省エネコンサルティングの会社が提供
・8月31日までの申込みで3000円分のAmazonギフト券がもらえる
・クレジットカードに加え口座振替にも対応


親指でんき(ユビニティー)の本社が入る五反田のビル

本社が入る東京・五反田のビル

 中小企業に向けて省エネのコンサルティングをしている株式会社ユビニティーが提供する「親指でんき」を紹介します。2012年創業、社員81人という会社ですが2018年度に30名の新卒を募集するなど急拡大中の会社です。「電子ブレーカー」を主力商品として営業攻勢を掛けています。


 標準的な料金プランは全地域でLooopでんきと「同額」という料金設定です。私自身、自宅で1ヶ月間利用したので、その時の体験談を交えながら詳しく解説します。


料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
いいねプランB
-1.0%
-605円
-7.0%
-9139円
-10.2%
-15411円
-12.6%
-21841円
東北電力エリア
いいねプランB
+8.3%
+4076円
+0.3%
+367円
-3.9%
-4940円
-7.1%
-10346円
東京電力エリア
いいねプランB
+5.1%
+2592円
-2.8%
-3093円
-6.5%
-8537円
-9.4%
-14126円
中部電力エリア
いいねプランB
+2.9%
+1474円
-1.4%
-1596円
-4.7%
-5982円
-7.1%
-10439円
関西電力エリア
いいねプランA
+1.2%
+527円
-8.5%
-8561円
-10.5%
-12050円
-12.0%
-15781円
中国電力エリア
いいねプランA
+3.7%
+1676円
-2.8%
-2726円
-6.5%
-7551円
-7.0%
-9483円
四国電力エリア
いいねプランA
+4.4%
+2053円
-5.0%
-5274円
-6.9%
-8344円
-8.5%
-11629円
九州電力エリア
いいねプランB
+3.7%
+1676円
-2.8%
-2726円
-6.5%
-7551円
-9.4%
-12469円

公式サイト

 冒頭でも紹介したように、先行して電力自由化に参入して主に当サイトのような電力比較サイト経由で契約数を伸ばしているLooopでんきの「おうちプラン」と全地域で同額です。
 基本料金0円+1kWhあたりの単価が加算されるという分かりやすいプランです。


 一人暮らし世帯など、使用量が少ない場合は大手より割高になるものの、一定の使用量があれば多くの地域で最安値圏の料金水準です。


 この他、ペットを飼っている世帯向けの「わんにゃんプラン」もあります。料金については料金シミュレーションでご確認ください。「いいねプラン」より割高になることが多いものの、ペットフードの無料サンプルなどがもらえます。


解約時の違約金は?


 解約時に手数料、違約金などの発生はありません。


 供給約款や重要事項説明書には、「2年未満」の解約で3500円の解約手数料が発生するとの記載がありますが、WEBからの申し込みの場合は「適用が除外」されるとの回答を得ています(2018年9月に問い合わせ)


支払い方法は?


 クレジットカード払いに加え、2019年6月からは口座振替での支払いにも対応しました。


 同じような料金プラン・料金水準のLooopや楽天でんき、あしたでんきはいずれもカード払いのみなので、口座振替で払いたい人に親指でんきがおすすめです。大手銀行やネット銀行、地銀や信用金庫など全国の主要な金融機関に対応しています。


最新のキャンペーン情報


 8月31日までの新規契約に対し、3000円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施中。


 この3000円分は当サイトの試算には含めていないので、更にお得になります。


親指でんきの評価


公式サイト

顧客対応は?実際に問い合わせた結果


 2018年6月、平日の昼過ぎにメールで問い合わせを行ったところ、約3時間後に返信がありました。返信の速さ、質ともに問題無いと思います。


 ただ、2018年10月に実際に契約してみたところ、契約手続きの中で若干の不満を感じました。詳しくは体験記にまとめてあります。


電気使用量の「見える化」機能が充実


 他の新電力と同様に、ウェブのマイページで「見える化」サービスを提供しています。グラフや数値で自宅の電気使用量を確認できる機能です。


 月・週・日・時間帯別の使用量を確認できるほか、昼・夜間という区別での使用量も表示します。時間帯によって料金単価が変わるプランに切り替えるときに便利です。


親指でんきの見える化グラフ


環境面・エコ


 電気の全てを卸市場からの調達に頼っているため、環境負荷が特段大きい・小さいということはありません。


 環境省を通じて発表されたCO2排出係数を見ると、2017年度実績の二酸化炭素排出量は1kWhあたり555gと、新電力としては平均的と言える水準です。


公式サイト

Looopでんきとの比較


 最後に、Looopでんきと親指でんきを比較して終わります。


親指でんき Looopでんき
料金 家庭向けは同額
見える化の
データ反映
約1時間遅れ 1日1回
提供地域 離島・沖縄を
除く全国
離島・沖縄を
除く全国
支払い方法 クレジットカード
口座振替
クレジットカード
運営会社の業種 省エネコンサルタント 太陽光発電所の運営など
設立年 2012年 2011年
売上高 11.2億円 420億円
従業員数 81名 230名

 家庭向けの料金プランは同額なので、どちらと契約しても同じ料金が請求されます。実際に両社とも契約して利用した感想としては、顧客対応はLooopの方が良く、見える化の機能は親指でんきが良いかなという感じです。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A