【低圧電力】親指でんきの「動力プラン」の解説

親指でんきの低圧電力「動力プラン」の解説


 省エネコンサルティングなどを手掛ける「ユビニティー」が展開する親指でんき。その動力プランのメリット・デメリットを他社と比較しながら詳しく解説します。


親指でんき(ユビニティー)の本社が入る五反田のビル

本社が入る東京・五反田のビル


公式サイト

料金プランの解説


 まずは料金プランの特徴を紹介します。


いくらお得になるのか


 大手電力会社の「低圧電力」プランとの料金単価の比較と、小規模マンションのエレベーターを想定した年間削減額の目安です(契約容量3kW 月85kWh 力率85%)


基本料金

1kWあたり
従量料金
年間削減額

小規模マンションEV
夏季
その他
東北電力エリア -11.4%
1100円/kW
0%
15.66円/kWh
0%
14.23円/kWh
-5112円
東京電力エリア -9.2%
1000円/kW
0%
17.06円/kWh
0%
15.51円/kWh
-3658円
中部電力エリア -11.0%
1000円/kW
0%
16.73円/kWh
0%
15.21円/kWh
-4435円
関西電力エリア -15.0%
900円/kW
0%
14.82円/kWh
0%
13.37円/kWh
-5702円
中国電力エリア -8.3%
1000円/kW
0%
14.75円/kWh
0%
13.49円/kWh
-3269円
四国電力エリア -8.8%
1000円/kW
0%
15.51円/kWh
0%
14.09円/kWh
-3463円
九州電力エリア -9.4%
900円/kW
0%
16.85円/kWh
0%
15.20円/kWh
-3370円

 基本料金が安く設定されています。従量料金は大手電力会社の「低圧電力」と同額なので、使用量が多い場合でも損にならない料金体系です。


 なお、電灯契約とは別の電力会社と契約することも可能です。それぞれ安くなる会社と契約することで、経費削減幅を大きくすることが出来ます。


公式サイト
申込みはコチラ

解約時の違約金は?


 特に契約期間の定めは無く、解約によって違約金が発生することはありません。


支払い方法


 クレジットカード払いに加え、口座振替にも対応しています。


親指でんき「動力プラン」のメリット


 このプランのメリットを紹介します。


基本料金が安い


 大手電力会社と比べて基本料金が10%前後安く設定されており、その分毎月の電気料金が安くなります。稼働頻度が少ない機械や設備で低圧電力を使用している場合は、請求額に占める基本料金のウェイトが大きくなりがちです。基本料金が安くなることで、電気料金を大幅に削減出来る場合もあるでしょう。


 また、他の新電力会社(例えばLooopでんき)の中には基本料金を更に安く設定しているところもありますが、いずれも従量料金の料金単価が大手電力会社と比べて大幅に高くなっています。
 親指でんきは従量料金の単価が大手電力と同額のため、使用量が多い場合でも損にならない料金体系です。


電力使用量をネットで確認できる

電力使用量をネットで確認できます

公式サイト
申込みはコチラ

口座振替に対応


 他の新電力会社では支払い方法が「クレジットカードのみ」としているところが多いですが、親指でんきは口座振替での支払いにも対応しています。


 個人事業主や設立間もない法人では、決済用のクレジットカードを持っていないケースも多いでしょう。そんな場合にもってこいです。


Amazonギフト券がもらえる


 常時ではありませんが、親指でんきでは新規入会キャンペーンとして数千円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施していることが多いです。


 最新のキャンペーン情報は公式サイトで確認してください。


親指でんき「動力プラン」のデメリット


 続いてデメリットを紹介します。


他社の方が安い場合も


 基本料金の削減幅が親指でんきよりも大きい新電力会社もあります。場合によっては親指でんきよりも低料金になる料金プランがある場合もあるでしょう。


公式サイト
申込みはコチラ



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A