楽天でんきへの乗り換え体験記

楽天でんきの電気に乗り換えた体験談


 1社でも多くの新電力を利用してみたいということで、頻繁に電力会社を切り替えている私。6社目として選んだ「楽天でんき」への申し込みから切り替え完了までの出来事を詳しくレポートします!



公式サイト

わが家の使用状況


地域 都内
住戸形態 戸建て(賃貸)
契約アンペア 60A
使用量 11月 403kWh

 東電と比較して、楽天でんきは年間20807円安くなる想定です。


用意するものは?


 用意するものは現在契約している電力会社が発行した「電気の検針票」だけです。


申込みには電気の検針票が必要


 新電力と契約している場合は、ウェブのマイページにある契約者情報のページを開いてください。「供給地点特定番号」と現在契約している会社の「お客様番号」がわかれば大丈夫です。


公式サイト

楽天でんきへの乗り換え手順


 私が実際に乗り換えた際の流れを紹介します。


日数 イベント
0日目 ネットから申込み
22日目 「利用開始予定日」がメールで届く
25日目 予定日にあわせて契約が切り替わった
(特に何も変化は無い)
27日目 「利用開始」の連絡がメールで届いた

 このような流れです。
 以下で詳しく説明していきます。


ネットから申し込み


 公式サイトから手続きします。


 申込時に必要な情報としては、上でも紹介しましたが「供給地点特定番号」や現在契約している電力会社の「お客様番号」が必要になります。


楽天でんきの申し込みフォーム


 なお、住所などは楽天市場の会員情報から自動で読み込むので、現住所と異なる場合は注意してください。


 また、支払いはクレジットカードのみとなっていますが、こちらも楽天で買い物に使うクレジットカードとして登録されているものの中から選ぶようになっています。別のカードで払う場合は、新規で登録してください。楽天カードでなくても大丈夫です。


 申し込みが完了すると、すぐに「受付完了」のメールが届きます。内容を改めて確認しましょう。


公式サイト

切替予定日の通知が届く


 私の場合は申込みから22日後に、「切り替え予定日」がメールで届きました。メールが届いた日から3日後の日付けで切り替わるとのことでした。


楽天でんきの申し込みフロー

切り替え待ちの期間はこの画面が表示される

 切り替えのタイミングとしては、基本的に電気の「検針日」が基準となります。
 私は楽天でんきで6社目ですが、いずれも検針日のタイミングで新しい会社に切り替わっています。申し込みのタイミングにもよりますが、次回もしくは次次回の検針日をもって切り替わるはずです。


切り替え完了


 切り替わる瞬間も、停電したりするようなことは一切ありません。何事もなく時間が過ぎていきます。


 今回の切替日が土曜日だったせいか、楽天でんきから「切り替え完了」のメールが届いたのは切り替えから2日後でした。その間、マイページにログインできず、「本当に切り替わったのかな?」と少し不安に感じました。


 切り替え完了のメールが届いた日から、マイページで電気の使用量などを確認できるようになりました。


公式サイト

楽天でんきを使ってみた感想


 続いて、楽天でんきを使ってみた感想を紹介します。


「見える化」の使い勝手が良い


 自宅の電気使用量をグラフなどで確認できる「見える化」機能は多くの新電力が提供していますが、楽天でんきはその中でも使い勝手が良いです。


楽天でんきの電気使用量グラフ(見える化)

わが家の電気使用量グラフ

 一番良かったのは、データの更新が速い点です。
 環境にもよりますが、「30分ごとの更新」だそうで、実際にわが家でも1〜2時間前の情報が順次更新されています。「1日1回」の更新としている新電力が多いので、これは圧倒的です。


 節電策の検討や、場合によっては安否確認にも役立つと思います。


 グラフ自体も見やすいです。PCはもちろん、スマホでもきれいに閲覧できるようにしてある点はGoodです。


公式サイト

楽天ポイントで支払えるのは便利


 楽天でんきの電気料金は「楽天スーパーポイント」で支払うことも可能です。
 予め設定しておけば、ポイントを毎月自動で支払いに充てるようにすることも可能です。楽天ポイントの使いみちに困っている人や、得はしたいがポイントは貯めたくない人に良いと思います。


ポイント利用の設定画面

楽天でんきの電気料金支払いはポイント払いもできる


関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A