サニックスでんきの評価

サニックスでんきの概要


運営会社 サニックス 電力調達 卸電力取引所、
自社発電所など
供給エリア 東京、中部、関西
中国、四国、九州
契約条件 60A以下

サニックスでんきの特徴


・一部地域で「激安」の料金
・シロアリ駆除の会社


 1975年に創業したサニックス(旧・三洋消毒株式会社)は、主にシロアリ駆除などの防虫を手がけてきた会社です。過去には「ちびまる子ちゃん」や外国人タレントのケント・ギルバートさんを起用したテレビCMを放映していたので、社名は意外と知られているかもしれません。


 シロアリ駆除の会社ですが、90年代頃から事業の多角化を進めて産業廃棄物の処理事業や、太陽光発電の販売、電力事業者にも参入しています。一時は太陽光発電事業が売上の70%を占めた時期もありましたが、ブームの終了により事業が停滞、2015年頃から業績が悪化し従業員を6割削減する大リストラを行いました。2017年以降は黒字を確保し、持ち直しています。


 そんなサニックスでんきは一部地域で最安値圏ともいえる低料金のプランが特徴です。デメリットも含めて詳しく解説します。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
サニックステラセーバー
+13.9%
+7015円
-4.9%
-5505円
-9.7%
-12600円
-13.3%
-19955円
中部電力エリア
ここまで定額プラン
+84.5%
+43574円
+1.1%
+1205円
-1.5%
-1897円
-3.5%
-5084円
関西電力エリア
ここまで定額プラン
+86.7%
+38447円
-4.9%
-4933円
-7.3%
-8395円
-9.2%
-12099円
中国電力エリア
サニックステラセーバー
+3.5%
+1600円
-8.7%
-9124円
-10.4%
-12499円
-11.9%
-16109円
四国電力エリア
サニックステラセーバー
+2.3%
+1067円
-9.0%
-9465円
-11.0%
-13309円
-12.7%
-17421円
九州電力エリア
サニックステラセーバー
*+8.7%
+3960円
-7.0%
-6872円
-11.5%
-13250円
-14.9%
-19830円

 地域によって利用できるプランが異なります。


 「ここまで定額」プランは、300kWhまでが定額の料金プランで、それ以上の料金単価が安く設定されています。1人暮らしや共働きの二人暮らし世帯など、使用量が少ない場合は大幅に割高になる場合もあるので注意してください。


 「サニックステラセーバー」も使用量が少ない場合は割高に、使用量が多いと大幅に割安になります。


 四国・九州では最安値といってもよい価格設定です。そのほかの地域では、例えば関西ではあしたでんきなどの方が安いですし、中部エリアの価格設定は今ひとつです。


セット割引は?


 セット割引などは特にありません。


解約時の違約金は?


 解約時の違約金も発生しません。


支払い方法は?


 支払いはクレジットカードのみです。口座振替などには対応していません。
 楽天カードなど、ポイント還元率が高いカードで支払うことで更にお得になります。


サニックスでんきの評価


 


環境面・エコ


 詳細な電源構成を公表していませんが、サニックス公式サイトの情報によれば自社発電所(苫小牧にある廃プラスチック燃焼火力発電など)や卸電力取引所などから調達しているとのことです。


 2017年度実績のCO2排出量は、1kWhあたり462gと、多くの大手電力会社をやや下回る水準です。排出量は「やや少ない」と評価できます。


 16年度は551g、15年度は668gと非常に悪い成績でしたが、年々改善している点も評価できます。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A