「自然電力のでんき」の評価

自然電力の概要


運営会社 自然電力 電力調達 再エネ36%
卸電力取引所51% ほか
供給エリア 離島、沖縄を除く全国 契約条件 特に無し

自然電力の特徴


・再エネ比率が「実質」高いプランを提供
・市場価格に連動する珍しい料金体系
東京ガスが出資


 福岡県に本社を置く自然電力が提供しています。
 自然電力は2011年6月に、社長の磯野謙氏(リクルート出身)が東日本大震災をきっかけとして設立したエネルギーベンチャー企業で、再生可能エネルギーの発電所の運営などを手がけています。ドイツの大手エネルギー会社MVV Energy傘下で再エネの開発を手がけるjuwi社と合弁会社を設立するなど、再エネの開発に力を入れています。


 また、2017年には東京ガスから出資を受け、太陽光発電の共同開発を進めています。


 特徴的な料金プランを導入しているので、契約する際の注意点も交えながら解説していきます。


公式サイト

料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
SE100
+4.9%
+2913円
-3.3%
-4319円
-5.7%
-8626円
-7.5%
-13105円
北海道電力エリア
SE30
+1.5%
+873円
-6.5%
-8495円
-8.8%
-13318円
-10.6%
-18349円
東北電力エリア
SE100
+15.7%
+7710円
+5.7%
+6175円
+2.0%
+2523円
-0.8%
-1216円
東北電力エリア
SE30
+11.6%
+5670円
+1.8%
+1999円
-1.7%
-2169円
-4.4%
-6460円
東京電力エリア
SE100
+15.4%
+7232円
+2.5%
+2682円
+0.2%
+282円
-1.7%
-2284円
東京電力エリア
SE30
+8.3%
+4187円
-1.5%
-1672円
-4.5%
-5880円
-6.8%
-10264円
中部電力エリア
SE100
+15.7%
+8106円
+9.4%
+10351円
+6.5%
+8379円
+4.4%
+6400円
中部電力エリア
SE30
+11.8%
+6066円
+5.6%
+6175円
+2.9%
+3687円
+0.8%
+1156円
北陸電力エリア
SE100
+15.2%
+6628円
+8.9%
+8267円
+6.5%
+7043円
+4.7%
+5825円
北陸電力エリア
SE30
+10.5%
+4588円
+4.4%
+4091円
+2.2%
+2351円
+0.5%
+581円
関西電力エリア
SE100
+16.4%
+7300円
+1.0%
+1039円
-1.6%
-1887円
-3.7%
-5016円
関西電力エリア
SE30
+12.3%
+5451円
-0.9%
-925円
-3.3%
-3758円
-5.2%
-6788円
中国電力エリア
SE100
+16.3%
+7476円
+2.8%
+2904円
+0.9%
+1015円
-0.7%
-1005円
中国電力エリア
SE30
+11.9%
+5436円
-1.2%
-1272円
-3.1%
-3677円
-4.6%
-6249円
四国電力エリア
SE100
+22.9%
+10761円
+9.4%
+9906円
+6.9%
+8400円
+4.9%
+6788円
四国電力エリア
SE30
+11.1%
+5192円
-1.4%
-1494円
-3.6%
-4410円
-5.5%
-7528円
九州電力エリア
SE100
+17.4%
+7861円
+8.2%
+8091円
+4.9%
+5663円
+2.4%
+3192円
九州電力エリア
SE30
+12.9%
+5821円
+0.8%
+971円
+0.8%
+971円
-1.5%
-2052円

 SE100、SE30ともに「市場価格連動型」という珍しい料金体系を取っています。


 SE100は再生可能エネルギー「実質100%」、SE30は「30%」のプランです。


 基本料金は固定で、従量料金が市場価格(卸電力取引所の取引価格)に連動して30分毎に変動するという仕組みです。市場価格が上がればその分電気料金が高くなりますし、下がれば電気代も安くなります。


 なお、当サイトでの試算は自然電力公式サイトに掲載されている2017年の平均単価と、2018年7月適用の燃料調整費額をもとに計算しています(自然電力は燃料調整が無いため、大手電力と比較する際は要注意)


公式サイト

契約時のデポジット


 2018年10月末まで、契約時に5千円のデポジットが必要でした(解約時に全額返金)
 現在はデポジットは必要無くなっています。


解約時の違約金は?


 契約上は1年契約となっていますが、いつ解約しても違約金の発生は無いとしています。


支払い方法は?


 クレジットカード払いのみです。


公式サイト

自然電力の評価


 自然電力について更に詳しく解説します。


顧客対応は?


 2018年6月にメールで問い合わせを行ったところ、土日をはさんで2営業日後に返信がありました。対応は決して早いとは言えませんが、悪いわけでもないです。


環境面・エコ


 2018年4月の実績では、51%が卸電力取引所、36%が再エネ(FIT電気)、その他13%となっています。


 電源構成上の「再エネ比率」が実質半分程度であるにもかかわらず「再エネ100%(SE100プラン)」を名乗れるのは、非化石証書という仕組みを利用しているからです。


再エネ導入を支える非化石証書


 再エネで作られた電気には、「CO2排出量がゼロである」という価値があります。その価値を「証書」として権利化し、売買できるようにしたのが非化石証書です。公的に認められた制度です。


 非化石証書によって得られた収入は、近年負担が大きくなることで批判が高まっている「再エネ賦課金」にあてられます。つまり、再エネの買い取りを直接支える資金となり、再エネ導入を支えることが出来ます。


 自然電力のでんきでは、この非化石証書を利用することで再エネ比率を100%、CO2排出係数を実質ゼロとしています。


公式サイト

関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A