スマ電の口コミ・評判

スマ電の概要


運営会社 アイ・グリッド・ソリューションズ
(伊藤忠系)
電力調達 他社提携発電所
供給エリア 東京、中部、北陸、関西
中国、四国、九州電力の各エリア
契約条件 30A以上



特徴

・大手総合商社「伊藤忠」系の新電力 関西電力も出資
・全国の中小スーパーマットと提携


 スマ電は大手総合商社「伊藤忠」系の新電力です。伊藤忠商事のほか、関西電力なども出資しています。


 当初は全国の中小スーパーマーケットと提携して、スーパーの店頭での契約獲得に力をいれていましたが、昨今は自社サイトなどでの獲得にも力を入れているようです。


 そんなスマ電のメリット・デメリットを分かりやすく解説します。


地域別 乗り換えでいくらお得になる?


 各電力会社からの乗り換えで年間「いくら」安くなるのかシュミレーションしました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
ホームプラン
20A契約不可 -3.6%
-4140円
-7.2%
-9513円
-9.8%
-15053円
中部電力エリア
ホームプラン
20A契約不可 -4.9%
-5533円
-4.9%
-6410円
-4.9%
-7348円
北陸電力エリア
ホームプラン
20A契約不可 -3.8%
-3600円
-3.3%
-3600円
-7.7%
-9706円
関西電力エリア
ホームプラン
0.0%
0円
-5.0%
-5117円
-5.0%
-5872円
-5.0%
-6681円
中国電力エリア
ホームプラン
-5.1%
-2400円
-2.3%
-2400円
-2.0%
-2400円
-6.6%
-9191円
四国電力エリア
ホームプラン
-5.0%
-2399円
-2.2%
-2397円
-6.9%
-8437円
-6.6%
-9279円
九州電力エリア
ホームプラン
20A契約不可 -1.8%
-1800円
-1.5%
-1800円
-6.3%
-8490円

 いずれも新電力としては「平均的」といえる料金水準です。


 その他の地域については、料金シミュレーションに掲載しています。



解約時の違約金は?


 契約自体は6ヶ月ごとの自動更新ですが、途中で解約しても解約手数料や違約金などは発生しません(以前は2千円の違約金が設定されていた)


支払い方法は?


 クレジットカード・デビットカード、口座振替での支払いに対応しています。



スマ電の評価


環境・エコは?


 環境省が公表したCO2排出係数のデータによると、スマ電のCO2排出量は1kWhあたり462g(2018年度実績)と、新電力としては平均的、また大手電力会社と比較しても平均的といえる水準でした。電源構成は以下のとおり(平成27年度実績)


内容 構成比
ガス火力 51.4%
石炭 18.0%
バイオマス 12.5%
石油 7.1%
水力 6.9%
原子力 3.1%

 原子力を含む電源構成を公表している新電力は非常に珍しいです。というのも、原子力発電の電力を調達していても電源構成を公表する際に「その他」と誤魔化したり、あるいはそもそも電源構成を公表していない新電力が大多数です。


 スマ電のように詳細に公表する姿勢は評価されるべきだと思います。



どこが提携スーパーなの?


 スマ電は地方の中小スーパーと提携しています。提携スーパーは以下のとおり。


地域 店名
中部 アピタ・ピアゴ(中部のみ)
京都 生鮮館なかむら
中部 一号舘・ラッキーマート
関東 ベルクス
近畿 ボトルワールド OK
甲信 いちやまマート

 料金プランや特典、ポイント還元などが提携先のスーパーによって異なります。




関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A