東京電力エナジーパートナーの電気料金プランやセット割を詳しく解説

広告

東京電力エナジーパートナーの概要

親会社 東京電力ホールディングス 電力調達 自社メイン
供給エリア 沖縄・離島除く全国 契約条件 特に無し

特徴

・新電力は不安だ、という人におすすめ
・LPガス会社との連携強化 セット割引で攻勢
・新電力と比較すると割高


 これまで関東地方の電力供給を独占してきた東京電力。しかし電力自由化が始まって2年で東京ガスをはじめとする新電力に1割を超える顧客を奪われてしまいました。


 そんな東電もただ手をこまねいているわけではなく、中部地方や関西地方にも進出して顧客の獲得を進めているほか、関東でも新たな料金プランを投入して顧客の繋ぎ止めに必死です。


 そんな東電の料金プランを詳しく解説していきます。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 世帯人数別の平均使用量をもとに、東京電力の標準メニューである従量電灯Bと電気代を比較します。


シュミレーション条件
年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
スタンダードS
-328円 -711円 -822円 -941円
東京電力エリア
プレミアムS
+101178円 +20629円 -382円 -5313円

 詳細な料金シミュレーションは電気料金一括シミュレーションで確認できます。


 東京ガスなどの新電力と比較すると、どうしても見劣りする料金水準です。また、東電のプレミアムプランなど一部のプランは使用量などの条件によっては東電の標準メニュー(従量電灯)より割高になるので、契約する場合はよくシミュレーションしてください。


各料金プランの解説


 料金プランの種類が多いので、簡単に特徴を解説します。


スタンダードプラン
 標準的な使用量の世帯向けのプラン


プレミアムプラン
 電気の使用量が多い世帯向けのプラン。


アクアエナジー100 関東のみ
 東電が保有する水力発電所の電気を使えるというプランです。
 CO2排出量「ゼロ」を謳っています。新規受け停止中。


 この他にもオール電化用のプランや、夜間の料金が安いプランなどがあります。


セット割引は?


セット割対象サービス 詳細 割引額
都市ガス 東電のガスとセット契約 月100円引き
(年間1200円)

 東電はガス自由化にも参入しており、ガスと電気をセット契約にすることで割引があります(東電のほかニチガスやレモンガスでも適用可:関東のみ)


 ガス・電気ともに新しい会社に別々に乗り換えた方が「圧倒的にお得」なのでおすすめはしません。


付帯サービス


 スタンダードプランとプレミアムプランには「生活駆けつけサービス」が無料付帯しています。


 電気設備、水回り、カギ、窓ガラスのトラブル発生時に応急対応を無料で行うというものです。部品代が実費で発生する場合がありますが、90分(電気設備は60分)までの作業費・出張費が無料です。


支払い方法は?


 上で紹介した「自由化プラン」については、口座振替とクレジットカード払いのみです。コンビニ払いには対応していないこと、また口座振替を選んでも「口座振替割引」(月55円)は無いので注意してください。ちなみに口座振替割引は2024年9月で廃止されます。


東京電力エナジーパートナーの評価


環境面は?


東電の環境への配慮はどうか  CO2排出量を示すCO2排出係数を見ると、東電の値は0.451kg-CO2/kWh(2021年度実績)と、電力会社としては平均的な水準です。


東京電力より安い電力会社は?


 関東エリアで東京電力よりも電気代が安い電力会社を紹介します。


1〜3人暮らし世帯で安いのは


 1〜3人暮らし世帯では、CDエナジーの「ベーシックでんきプラン」が安いです。1〜3人暮らし世帯の平均使用条件では、東京ガス「基本プラン」やENEOSでんき「Vプラン」といった主要新電力と比較してももちろん割安です。東京電力エナジーパートナーの標準メニュー(スタンダードS)との料金比較は以下のとおり(2024年5月分の燃料費調整額・料金、ポイント還元含む、同額の再エネ賦課金・政府電気代補助金は含まない)


使用条件 年間節約額
CDエナジー
ベーシックでんき
1人暮らし
20A/月170kWh
-6667円
2人暮らし
30A/月348kWh
-6667円
3人暮らし
40A/月391kWh
-9366円

 初期費用や解約違約金などもありません。CDエナジーは大阪ガスと中部電力が共同で設立し、首都圏で営業している新電力会社です。


 公式LINEとマイページ(カテエネ)に登録すると千円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています(実施期限無し) いずれも登録費用などは掛かりません。


CDエナジー公式サイト

4人以上世帯で安いのは


 4人以上世帯では、CDエナジーの「ファミリーでんきプラン」が安いです(当サイトで掲載している449社・5562プラン中) 4人以上世帯の平均使用条件では、東京ガス「基本プラン」やENEOSでんき「Vプラン」といった主要新電力と比較してももちろん割安です。東京電力エナジーパートナーの標準メニュー(スタンダードS)との料金比較は以下のとおり(2024年5月分の燃料費調整額・料金、ポイント還元含む、同額の再エネ賦課金・政府電気代補助金は含まない)


使用条件 年間節約額
4人世帯
50A/月437kWh
ベーシックでんきB -12221円
ファミリーでんき -12621円

 初期費用や解約違約金などもありません。CDエナジーは大阪ガスと中部電力が共同で設立し、首都圏で営業している新電力会社です。


 「ファミリーでんきプラン」は1ヶ月の電気使用量が300kWhを下回ると東電標準メニューよりも割高になるので注意してください。太陽光発電を設置している新しい住宅などで注意が必要です。不安な場合は「ベーシックでんきプラン」を選んでください。


 公式LINEとマイページ(カテエネ)に登録すると千円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施しています(実施期限無し) いずれも登録費用などは掛かりません。


CDエナジー公式サイト

オール電化住宅では出光でんき


 オール電化住宅には、出光でんきの「オール電化プラン」が安いのでおすすめです。


 出光でんきのオール電化プランは、東京電力のオール電化プラン「スマートライフ」と同じ時間割設定、電力量料金は同じ、そして基本料金が割安に設定されている分、お得になる料金体系です。例えば10kVA契約の場合、年間で約1400円安くなります。解約違約金や初期費用もありません。


 出光のガソリンスタンドでの給油がリッター2円引き(月100Lまで)、もしくは電気自動車を所有している場合は電気代が月200円割引になる特典もあります。





関連記事



地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

電力自由化Q&A

項目別おすすめ

人気の電力会社