東京電力のスマートライフと比較して安いおすすめの新電力

東電「スマートライフ」より安いオール電化プランは?


 東電のオール電化プランである「スマートライフプラン」と比較して電気代が安くなる、おすすめの新電力のプランを紹介します。新電力のオール電化の中にはスマートライフよりも高くなるプランもあるので注意してください。



スマートライフプランより安い料金プラン3選


 東電スマートライフプランよりも電気代が安くなる新電力のオール電化プランを、料金シミュレーションと共に紹介します。オール電化住宅のモデルケース(10kVA契約・月480kWh)で試算します。


CDエナジー スマートでんき


プラン名 月料金
CDエナジー
スマートでんき
13662円
東京電力
スマートライフ
13800円

 中部電力と大阪ガスが共同で設立した新電力会社です。オール電化向けプランである「スマートでんき」は基本料金・電力量料金ともに東電のスマートライフと同額で、ポイント還元の1%分、東電より安くなる料金体系です。高くなることは無いため安心して契約できる料金体系です。


 解約違約金が発生しない点でもおすすめです。


CDエナジーの公式サイト

東急でんき


プラン名 月料金
東急でんき
オール電化プラン
13462円
東京電力
スマートライフ
13800円

 東急グループで東北電力も出資している新電力会社です。東急線沿線でなくとも契約可能です。


 電力量料金単価が東電スマートライフより割安に設定されており、電気代が安くなる料金体系です(時間帯割は東電と同じ)


 解約金や初期費用もありません。また、燃料輸入価格によって増減する燃料費調整額に上限を設けており、燃料価格の異常な高騰が発生した時に他の新電力あるいは東電スマートライフよりも一段と割安になります。東電のスマートライフや他の新電力では燃料費調整額に上限を設けていないため、燃料価格高騰時に電気代が高騰します。


東急でんきの公式サイト
初期費用・解約金なし

新日本エネルギー


プラン名 月料金
新日本エネルギー
スマートネクストプラン
13657円
東京電力
スマートライフ
13800円

 後発の新電力会社です。


 電力量料金は東電のスマートライフと同じ(時間帯割も同じ)で、基本料金がkVAあたり14.3円安く設定されており、その分電気代がスマートライフより安くなる料金体系です。


 注意点としては更新月以外の解約で9900円の解約金が発生するので、解約金が発生してしまった場合、電気代の削減メリット(年間で1716円:10kVA契約の場合)を上回る恐れがあります。


新日本エネルギーの公式サイト

「高くなる」オール電化プランも少なくないので要注意


 新電力が提供している「オール電化プラン」の中には、東電のスマートライフプランと比較して明らかに多くの条件下で電気代が高くなってしまうものも少なくありません。


 公式サイトで安くなるような試算結果が紹介されていても、比較対象が東電のスマートライフプランではなく非オール電化住宅向けの「従量電灯」となっていることもあります。くれぐれも注意してください。




関連記事



地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A