TERASELでんきの口コミ・評判

TERASELでんきの概要


運営会社 伊藤忠エネクス 電力調達 エネクス系
供給エリア 北海道、沖縄、離島除く 契約条件 20A以上

TERASELでんきの特徴


 伊藤忠エネクスが2020年10月からスタートした新ブランドです。同社はプロパンガス会社として、これまでもガスの契約者を主な顧客として電気の販売を行ってきましたが、TERASELでんきはオンラインで幅広いユーザーにアプローチすることを目標としています。


 そんなテラセルでんきのメリット・デメリットを、全国422社・4590プランと比較しながら解説していきます。




料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量で大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東北電力エリア
TERASELでんき東北B
-4.5%
-2248円
-4.5%
-4966円
-4.5%
-5825円
-4.5%
-6732円
東京電力エリア
TERASELでんき東京B
-4.5%
-2309円
-4.5%
-5107円
-4.5%
-5971円
-4.5%
-6885円
中部電力エリア
TERASELでんき中部B
-2.0%
-1050円
-2.0%
-2235円
-2.0%
-2598円
-2.0%
-2981円
北陸電力エリア
TERASELでんき北陸B
-4.5%
-1984円
-4.5%
-4219円
-4.5%
-4887円
-4.5%
-5593円
関西電力エリア
TERASELでんき関西A
-5.5%
-2478円
-5.5%
-5583円
-5.5%
-6391円
-5.5%
-7256円
中国電力エリア
TERASELでんき中国A
-5.5%
-2562円
-5.5%
-5836円
-5.5%
-6672円
-5.5%
-7566円
四国電力エリア
TERASELでんき四国A
-5.5%
-2617円
-5.5%
-5888円
-5.5%
-6752円
-5.5%
-7677円
九州電力エリア
TERASELでんき九州A
-5.5%
-2538円
-5.5%
-5539円
-5.5%
-6474円
-5.5%
-7461円

 各地の大手電力の標準プランと比較して、定率で安くなる料金設定です。他社では使用量が増えるとお得率が高まる料金設定のところが大半なので、使用量が少ない世帯では他社と比較してお得、使用量が多いと損と言えます。


 地域にもよりますが一人暮らし世帯では上位のお得なプラン、2人世帯になると平均〜下位、3人以上の世帯では新電力としては割高な料金設定です。


 使用量が少ない世帯は電力会社にとって利益率が低い顧客です。過去にも使用量が少ない世帯を含めて定率で安くなるプランを提供していた会社がありました(HTBエナジーなどがそう)が、程なくして20Aでの契約受付を終了しています(既存顧客への供給は継続) TERASELでんきについても、20A契約でこの料金水準を継続出来るのか、というのは推移を見守りたいところです。


セット割引は?


 電気代200円につき1ポイントの楽天ポイントが付与されます。当サイトの試算では0.5%還元として計算に含めています。


 なお、伊藤忠エネクスはプロパンガス会社ですがTERASELでんきではプロパンガスとのセット割などは提供しないようです(同じく伊藤忠エネクスのeコトでんきにはセット割がある)


解約時の違約金は?


 解約違約金等は発生しないとしています。


支払い方法は?


 クレジットカード、口座振替に対応しています。




TERASELでんきの評価


 


一人暮らしなら安い


 料金シミュレーションのところでも紹介したように、TERASELでんきの料金プランは一人暮らし世でメリットが大きい料金体系です。


 一人暮らしの人には選択肢の一つとして検討する価値があります。


2人以上の世帯ではメリットが薄い


 一人暮らしでは競争力のある料金水準ですが、2人以上の世帯では必ずしも新電力として競争力のある料金水準とはいえません。例えば東京電力エリア50A契約・月437kWhという条件ではTERASELでんきより年間14768円安くなるプランもあります。


 2人以上の世帯では他社を検討することを推奨します。


環境面・エコ


 環境省が公表したCO2排出係数のデータによると、TERASELでんき(供給元であるエネクスライフサービス)のCO2排出量は1kWhあたり481g(2018年度実績)と、新電力としては平均的あるいは排出量が「やや少ない」と言える成績です。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A