東邦ガスは電気代高騰へ。燃料費調整に上限廃止

東邦ガスが燃料費調整の上限廃止で電気代高騰へ


 東邦ガスはこれまで電気料金に設けてきた燃料費調整の上限を廃止することを発表しました。その影響と、対策を解説します。



燃料費調整の上限を廃止する東邦ガス


 東邦ガスは燃料費調整の上限を廃止します。そもそも燃料費調整の上限とは何か、解説します。


燃料費調整の上限とは


LNGタンカー

LNGタンカー

 電気料金は「本体部分」にあたる基本料金と電力量料金に加え、再エネ賦課金と燃料費調整によって構成されています。


 燃料費調整は燃料(LNG、石炭、石油)の輸入価格の変動を毎月の電気料金に転嫁する仕組みで、東邦ガスを含めて多くの新電力会社は各地域の大手電力会社と同じ計算式を採用しています。


 ただし、大手電力会社の標準プランである従量電灯の燃料費調整には「上限」が設けられているのに対し、東邦ガスはこの上限を廃止します。


燃料費調整単価
2023年1月分
電気代の差
月300kWh
上限あり 上限無し
北海道電力エリア 3.66円/kWh 9.91円/kWh 6.25円/kWh 1875円
東北電力エリア 3.47円/kWh 13.41円/kWh 9.94円/kWh 2982円
東京電力エリア 5.13円/kWh 12.99円/kWh 7.86円/kWh 2358円
中部電力エリア 5.36円/kWh 12.30円/kWh 6.94円/kWh 2082円
北陸電力エリア 1.77円/kWh 9.90円/kWh 8.13円/kWh 2439円
関西電力エリア 2.24円/kWh 10.91円/kWh 8.67円/kWh 2601円
中国電力エリア 3.19円/kWh 15.02円/kWh 11.83円/kWh 3549円
四国電力エリア 2.55円/kWh 11.60円/kWh 9.05円/kWh 2715円
九州電力エリア 1.94円/kWh 8.17円/kWh 6.23円/kWh 1869円
沖縄電力エリア 3.98円/kWh 18.49円/kWh 14.51円/kWh 4353円

 電気料金の本体部分の単価に変更はありませんが、これまで設けてきた上限が無くなることで電気料金が値上がりします。2022年12月使用分(2023年1月請求分)から適用となります。


市場連動型プランとは異なる


 混同しやすいのが市場連動型プランと呼ばれるリスクの高い料金プランとの違いです。


 市場連動型プランと一般的な燃料費調整の違いは以下のとおりです。


燃料費調整 市場連動型プラン
参照する値 財務省貿易統計の
原油・LNG・石炭輸入価格
と為替レート
卸電力取引所の
電力取引価格など
変動幅 調達調整費より
小さい
かなり大きい
※会社によって異なる
採用している
電力会社
ほとんどの会社
大手電力・新電力
ごく少数の会社

 一般的な燃料費調整は財務省の貿易統計の数字を元に計算されます。一方、市場連動型プランは日本卸電力取引所での電気の取引価格を元に電気代が変動します。


 一部の新電力は燃料費調整という名目で実質的に市場連動型プランを採用している例もありますが、東邦ガスについては市場連動型的な要素は無いのでその点ではリスクは小さいと言えます。


燃料費調整の上限廃止の影響は?


 燃料費調整の上限を廃止することで生じる影響を解説します。


燃料費調整を含めた試算を要確認


 2022年11月分の燃料費調整単価を元に電気代を試算すると、東邦ガスは基本的に中部電力エリアの大多数の一般家庭で、中部電力の従量電灯Bプランと比べて電気代が高くなります。


 例えば月300kWh(契約容量30A)で試算すると、ギフトでんきプランは月330円程度、ファミリープラン(ガスとのセットプラン)では月に810円程度、中部電力の従量電灯Bと比べて割高になります。


 燃料費調整を含めた料金試算は以下の料金一括シミュレーションで確認できます。


高くなる場合の対処方法は


 料金が割高になる場合は、燃料費調整に上限を設けている料金プランへの切り替えを推奨します。燃料費調整に上限を設けているのは以下の料金プランです。



 2022年11月現在、燃料費調整に上限が無いほぼ全ての料金プランが、ほぼ全ての一般家庭で大手電力の従量電灯よりも割高となっている深刻な状況です。したがって他社に切り替える場合は必ず、燃料費調整に上限があるかを確認してください。


 なお、燃料費調整に上限を設けている新電力についても上限を「撤廃」する会社が相次いでいるので、新電力に切り替える場合は切り替え後の約款の変更に注意してください。


燃料費調整に上限がある料金プランの一覧


 燃料費調整に上限を設けている新電力の料金プランを抜粋して紹介します。


中部電力エリア


 中部電力の標準メニュー(従量電灯B)との料金比較です。


お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
コスモでんき
ポイントプラス
20A契約不可 -4.5%
-5095円
-4.5%
-5918円
-4.5%
-6789円
コスモでんき
スタンダード
20A契約不可 -1.3%
-1440円
-1.5%
-1920円
-1.5%
-2160円

 20A以下で契約している方には中部電力の従量電灯Bを推奨します。





関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A