TOKAIでんきの口コミ・評判

TOKAIでんきの概要


運営会社 ザ・トーカイ 電力供給 T&Tエナジー
供給エリア 中部電力管内 契約条件 特になし

TOKAIでんきの特徴


 プロパンガスや宅配水、住宅リフォーム事業などを手掛けるTOKAIグループの電力サービスです。電力供給はTOKAIホールディングスと東京電力エナジーパートナーの共同出資会社であるT&Tエナジーが行います。


 電気だけでも契約出来ますが、中部電力や東邦ガスの電気・ガスセットプランとも比較しながらメリット・デメリットを詳しく解説します。


TOKAI公式サイト

料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量で大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
中部電力エリア
TOKAIでんきS
-1.6%
-812円
-3.1%
-3428円
-3.0%
-3913円
-3.0%
-4432円

 使用量が月270kWhを超えると中部電力の標準プラン(従量電灯B)より約3%安くなる料金体系です。使用量が270kWh以下の場合も、割引率は3%より小さくなるものの中部電力の標準プランよりも安くなる料金設定です。


 当サイトのTOKAIでんきの試算にはセット割引は含めていません。


TOKAI公式サイト

 なお、この料金プランには燃料費調整の上限が設定されていません。上記の料金シミュレーションでは燃料費調整の上限を考慮していないため、燃料価格の推移によっては試算値よりも高くなる場合や、燃料費調整に上限を設けている大手電力の従量電灯よりも高くなる場合があります。他の料金比較サイトを利用する場合も注意してください。料金一括シミュレーションでは最新月の燃料費調整単価をもとに試算できます。


セット割引は?


セット割対象サービス 割引額
都市ガス(東邦ガスエリア) 月200円

 TOKAIガスとセット契約にすることで、月200円がガス料金から割り引かれるセット割があります。ガス料金プランについては以下の記事で解説しています。


解約時の違約金は?


 解約違約金などはありません。


支払い方法は?


 クレジットカード払いのみ対応しています。


TOKAI公式サイト

TOKAIでんきの評価


 


一人暮らしの人におすすめ


 TOKAIガス・でんきのセット契約は、一人暮らし世帯の平均使用量で中京圏最安水準と言える料金プランです。平均使用量で料金を比較します。


内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額
東邦ガスのガスと
中電の電気
4338円 4372円 8710円 -
電気・ガスともに東邦ガス 4266円 4276円 8542円 -168円
電気・ガスともに中部電力 4130円 4350円 8480円 -230円
中電ガスと
まちエネ
4215円 4268円 8183円 -227円
電気・ガスともにTOKAI 4008円 4305円 8313円 -397円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは17立米、電気は170kWh:20Aで計算
中電セット契約はポイントプラン、東邦セット契約は「がすてきトクトク」

 中部電力・東邦ガスのセット契約よりも大幅に安いです。また、電気・ガスを別々に最安水準の料金プランを組み合わせて契約した場合と比較しても、一人暮らし世帯ではTOKAIのセット契約が圧倒的に安いと言えます。一人暮らしの方には迷わずTOKAIの電気・ガスセット契約をおすすめします。


TOKAI公式サイト

2人暮らしでも中部電力・東邦ガスより安い


 2人暮らしの平均使用量で試算した場合も、TOKAIガス・でんきのセット契約が中部電力・東邦ガスのセット契約よりも安いです。


内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額
東邦ガスのガスと
中電の電気
6829円 9341円 16170円 -
電気・ガスともに東邦ガス
ガス:がすてきトクトク
電気:ファミリープラン
6675円 9080円 15755円 -415円
電気・ガスともに中電 6300円 9294円 15594円 -576円
中電ガスと
東邦ガス ギフトでんきプラン
6429円 8780円 15209円 -961円
電気・ガスともにTOKAI 6424円 9055円 15479円 -691円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは31立米、電気は348kWh:30Aで計算
中電セット契約はポイントプラン、東邦セット契約は「がすてきトクトク」

 セット契約で比較すると東邦ガスや中部電力よりもTOKAIの方が一段安いことが分かります。ただし、ガスを中電ガスに、電気を別途割安な電力会社に「別々に」契約した方がTOKAIのセット契約よりも安いです。セット契約で選ぶのであれば、中部電力・東邦ガスよりもTOKAIがお得です。


TOKAI公式サイト

3人以上世帯は中電のセット契約の方が安い


 1・2人世帯の平均使用量では東邦ガスや中部電力のセット契約よりもトータルで「安い」と言えるTOKAIでんき・ガスですが、3人以上世帯の平均使用量では中部電力に負けます。3人世帯の平均使用量での試算を紹介します。


内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額
東邦ガスのガスと
中電の電気
8182円 10850円 19032円 -
電気・ガスともに東邦ガス 7977円 10419円 18396円 -636円
電気・ガスともにTOKAI 7736円 10524円 18260円 -772円
電気・ガスともに中電 7520円 10643円 18163円 -869円
中電ガスと
東邦ガス ギフトでんきプラン
7673円 10199円 17872円 -1160円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは40立米、電気は391kWh:40Aで計算
中電セット契約はおとくプラン、東邦セット契約は「がすてきトクトク」

 3人世帯の平均使用量では、中電のセット契約の方が安い結果です。4人世帯の平均使用量で試算した場合も同様の結果です。


 3人以上の世帯の方には中部電力のセット契約がおすすめです。


中部電力 公式サイト

環境面・エコ


 電源構成などは公表していません。


 環境省が公表したCO2排出係数のデータによると、TOKAIでんきの供給元であるT&TエナジーのCO2排出量は1kWhあたり499g(2020・19年度実績)と、中部電力ミライズの同424gや東邦ガスの同483gと比べてやや多いものの、新電力としては「平均的」と言える水準です。




関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A