東京ガスのAmazonoプラン「もらえる電気」のメリット・デメリット

Amazonギフト券が「もらえる」東京ガスの新プラン


 東京ガスが2020年10月から始めた「もらえる電気」のメリット・デメリットを、全国の422社・4590プランと比較しながら分かりやすく解説します。



東京ガスの電気の公式サイト

料金プランとサービスの解説


このプランの特徴


東京ガスの「もらえる電気」


 まずは「もらえる電気」の概要と特徴を解説します。


 このプランは東京ガスが2020年10月から始めた新しい料金プランで、毎月の電気料金の額に応じてAmazonギフト券がもらえるプランです。電気料金が高くなると、もらえるAmazonギフト券の料率が高まります。


電気料金額 付与率
4999円以下 1%
5000〜9999円 3%
1万円以上 5%

 また、1万円以上の場合は当初5%の還元率ですが、契約2年目は5.5%、3年目は6%と還元率が高まります(1万円未満は変わらない)


 なお、東京ガスはこれまで関東地方でのみ電気の販売を行ってきましたが、もらえる電気は中部・北海道エリアでも契約が可能です。今後、沖縄・離島を除く全国展開を予定しています。


東京ガスの電気の公式サイト

乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量で大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と比較します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
北海道電力エリア
もらえる電気
-3.0%
-1825円
-5.0%
-6630円
-5.0%
-7712円
-5.0%
-8854円
東京電力エリア
もらえる電気
-1.0%
-513円
-3.0%
-3411円
-5.0%
-6646円
-5.0%
-7662円
中部電力エリア
もらえる電気
-1.0%
-524円
-3.0%
-3362円
-5.0%
-6510円
-5.0%
-7467円

 電気料金の額自体は、大手電力会社の標準的なプランである「従量電灯」と同額に設定されています。還元されるAmazonギフト券の分、お得になります(試算にはAmazonギフト券分を含めて計算)


解約時の違約金は?


 解約違約金などは掛かりません。


支払い方法はAmazon Pay


 もらえる電気はAmazon Payでの支払いに対応しています。


東京ガスの電気の公式サイト

「もらえる電気」の評価


 


料金水準では見劣りする


 1万円以上使った場合でも大手電力会社と比較した削減率は5%に留まるため、新電力の料金プランとしては取り立てて安いわけではありません。他社では10%近く削減できる場合もあるため、削減幅は半分に留まります。


 また、一人暮らしのように使用量が少ない場合は1%しか安くならない料金体系です。他社では3%前後安くなるので、大幅に見劣りします。


オール電化住宅では安い


オール電化


 「もらえる電気」はオール電化プランも提供しています。大手電力より1〜2.5%程度安くなる料金設定ですが、新電力のオール電化プランは1%前後安くなる料金設定のものが多いため、オール電化プランとしては競争力がある料金水準と言えます。


 一般住宅向けではあまり安くない「もらえる電気」ですが、オール電化住宅にはおすすめです。詳しくは以下の記事で解説します。


東京ガスの電気の公式サイト

お得が「見える」点はおもしろい


 記事前半でも紹介したように、このプランは電気料金自体は大手電力会社と同額で、値引き分をAmazonギフト券で受け取ることが出来ます。


 料金削減を目的として新電力に乗り換えても、いくら安くなったのか分かりづらいという不満を覚える人は少なくありません。削減額が「目に見える」という点では、面白いプランだと思います。


東京ガスのプラン同士の比較(関東)


 東京ガスは関東エリアでは「もらえる電気」以外にも料金プランを提供しています。東電の標準メニューとの料金比較を紹介します。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
もらえる電気 -1.0%
-513円
-3.0%
-3411円
-5.0%
-6646円
-5.0%
-7662円
基本プラン
ガスとセット
-3.5%
-1812円
-5.8%
-6626円
-6.5%
-8614円
-7.0%
-10736円
ずっとも電気1
ガスとセット
20A契約不可 -7.8%
-8896円
-8.5%
-11331円
-9.1%
-13880円
ずっとも電気1S
ガスとセット
-3.3%
-1682円
-5.6%
-6340円
-6.2%
-8269円
-6.7%
-10328円

 いずれの条件においても、もらえる電気の方が「割高」ということになります(試算には当然、Amazonギフト券の還元を含めている)


 関東にお住まいの場合は、「基本プラン」の契約をおすすめします。詳細は以下の記事で。


東京ガスの電気の公式サイト

環境面・エコ


 環境省が公表したCO2排出係数のデータによると、東京ガスのCO2排出量は1kWhあたり398g(2018年度実績)でした。新電力としては優秀、東京電力・中部電力・北海道電力と比較しても排出量が少ないです。


関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A