東急でんきの口コミ・評判

東急でんき(東急パワーサプライ)の概要


親会社 東急電鉄 電力調達 他社提携発電所
供給エリア 東京電力エリア 契約条件 30A以上の家庭


公式サイト

特徴


 ・鉄道事業者としては初めての新電力事業参入
 ・イッツコムとのセット割で更に最大月350円お得
 ・定期券が実質1%オフになる特典も
 ・ガス自由化にも参入


 東京・神奈川で鉄道やバスを運行する、東急電鉄が設立した新電力です。私鉄としては初の電力小売への参入となり、テレビなどでも取り上げられる機会が多いです。また、東急線沿線の駅や車内で大規模なプロモーション活動を行っており、沿線住民への知名度は高いでしょう。


東急でんきのキャラクター「てるまる」

公式キャラクター「てるまる」 二子玉川在住だそう

 申込者の9割が東急線沿線住民だそうで、とりわけ東急が中心となって街を開発してきた横浜市青葉区では、5世帯に1世帯が「東急でんき」を利用しています。他の地域もあわせると、契約数は15万世帯にのぼります。


 2018年3月には東北電力からの出資を受け入れたと発表しました。そんな東急でんきを詳しく解説します。


料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 東電からの乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
電気のみ 実質契約不可 -1.5%
-1636円
-2.1%
-2802円
-2.9%
-4328円
電気+イッツコム 実質契約不可 -3.8%
-4228円
-3.6%
-4739円
-3.9%
-5933円

 電気料金の水準としては、関東エリアの新電力の中でもかなり「渋い」水準です。
 また、セット割を加味しても、下位と言える水準です(イッツコムのテレビ・ネットとセット契約で月216円の割引を適用と仮定した試算)


公式サイト

セット割引は?


セット割対象サービス 割引額
ケーブルテレビ(イッツコム他) 毎月100円+税引き
ネット(イッツコム他) 毎月100円+税引き
電話(イッツコム他) 毎月50円+税引き
イッツコムスマート 毎月100円+税引き
定期券 購入金額の2%(1家族2名まで)を
TOKYU POINTで還元

 イッツコムの他、ケーブルテレビ品川などの提携しているケーブルテレビ会社との契約があれば、セット割引が適用されます。契約しているサービスによって割引額が異なり、最大毎月350円+税の割引となります。割引額は合算できます。


 定期券のポイント還元は、例えば武蔵小山から大手町まで通勤している人の場合、1ヶ月の定期券代は13,470円ですから、「269円」ということになります。ただし、東急の電気を契約しなくても1%分の還元は受けられる(TOKYU CARDなどで支払い)ので、「1%分の上乗せ=134円」が実質的なセット割引ということになります。
 1人分で電気代が「1%程度」安くなる、というイメージしてください。


 また、セット割引はありませんが東急はガスも始めました。料金プランなどの詳しい解説は以下の記事で。東京ガスと比べてガス料金が2%安くなります(一般契約プランの場合)


東急線沿線で人気の東急でんき(東急パワーサプライ)


解約時の違約金は?


 書類上の契約期間は1年となっていますが、途中で解約しても「違約金はかかりません」となっています。違約金は発生しません。


公式サイト

環境・エコは?


電源 構成
LNG火力 37%
石炭火力 30%
卸電力取引所 14%
石油火力 4%
再エネ 14%
その他 1%

 2018年度の電源構成の「計画値」です。
 特徴的なものは特にありませんが、東北電力から出資を受けているせいか新電力としては幅の広い調達先となっています。


 2017年度のCO2排出係数は549g/kWhと、東電と比べて「やや多い」値です。


公式サイト



ガス自由化にも参入


 2018年7月から、都市ガスも始めました。
 料金プランやサービスなど、詳しい解説は以下の記事で。


関連記事


地震関連:停電した時の問い合わせ先・対応の一覧

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A