0円でんきの口コミ・評判

0円でんきの概要


運営会社 オカモト(北海道) 電力調達 不明
供給エリア 北海道、東北、沖縄除く 契約条件 特に無し

0円でんきの特徴


 「0円でんき」は2019年10月から提供が開始されました。運営元は北海道を中心にガソリンスタンドやスポーツジムのフランチャイズなどを営むオカモトです。オカモトは「0円でんき」とは別に、これまでも北海道・東北で「オカでん」という新電力サービスを展開してきましたが、別ブランドとして0円でんきを始めました。


 そんな0円でんきのメリット・デメリットを他社のサービスと比較しながら解説します。


公式サイト

料金プランとサービスの解説


乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
東京電力エリア
ファミリー向け
+4.4%
+2272円
-3.4%
-3899円
-7.2%
-9534円
-10.0%
-15323円
中部電力エリア
ファミリー向け
+2.3%
+1184円
-2.0%
-2259円
-5.2%
-6805円
-7.7%
-11430円
北陸電力エリア
ファミリー向け
-2.9%
-1287円
-6.7%
-6308円
-9.4%
-10368円
-11.5%
-14508円
関西電力エリア
ファミリー向け
+0.9%
+383円
-8.5%
-8622円
-10.2%
-11925円
-11.7%
-11458円
中国電力エリア
ファミリー向け
+6.2%
+2901円
-4.7%
-5026円
-6.4%
-7740円
-7.7%
-10643円
四国電力エリア
ファミリー向け
+3.8%
+1797円
-5.6%
-5970円
-7.4%
-9169円
-9.0%
-12591円
九州電力エリア
ファミリー向け
+3.1%
+1425円
-3.3%
-3353円
-7.1%
-8341円
-9.9%
-13429円

 基本料金が「0円」で、一律の料金単価が加算される料金体系です。先行して参入し、人気を集めるLooopでんきと同じです。


 料金単価はLooopでんきよりも安いです。契約アンペアが小さい場合や使用量が少ない場合は大手電力よりも割高になるため注意が必要です。


 2人以上の世帯であれば安くなりますが、一人暮らしには推奨しません(北陸のみ、一人暮らしでも「最安水準」)


公式サイト

セット割引は?


 同社の別ブランドである「オカでん」にはオカモトのスタンドでの給油の割引特典などがありますが、0円でんきについてはそうした割引はありません。


解約時の違約金は?


 解約金などは発生しません。


支払い方法は?


 クレジットカード払いと口座振替に対応しています。


公式サイト

0円でんきの評価


 


環境面・エコ


 オカモトは電源構成を公表していません。環境省を通じて公表されているCO2排出係数は以下のとおりです。


年度 排出係数
2019年 528g
2018年 563g
2017年 554g
2016年 444g
2015年 520g

 16年度の数値のみCO2排出量が「少ない」と言える水準ですが、他の年度では平均的な排出量です(18年度はやや多い) 環境負荷は平均的と評価します。


公式サイト



関連記事


地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A