北海道ガスの電気の料金プランの解説

北海道ガスの電気の概要

運営会社 北海道ガス 電力調達 提携先、自社バイオマス発電など
供給エリア 北海道電力エリア 契約条件 電気のみでも契約可

特徴

 ・北海道の大手都市ガス会社
 ・バイオマス発電所やLNG火力発電所を保有
 ・10万件を超える契約を獲得(2018年3月時点)


 道内でガスを販売してきた「北ガス」の電気です。


 道内産の木材を燃料とするバイオマス発電所を苫小牧に建設したほか、石狩に天然ガスを燃料とするLNG火力発電所を建設しました。2018年の震災後の電力不足では、完成前の試運転中だった火力発電所から道内に電力を供給し、電力不足の緩和にも貢献しています。


 既に10万件を超える契約を獲得し、道内でも人気の新電力となっています。そんな北ガスの電気を詳しく解説します。




料金プランの解説


北電からの乗り換えでいくらお得になる?


 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。
世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
20A / 月170kWh
2人
30A / 月348kWh
3人
40A / 月391kWh
4人
50A / 月437kWh
従量電灯Bプラス
電気のみ
-2.6%
-1562円
-2.7%
-3575円
-2.7%
-4096円
-2.7%
-4653円
従量電灯Bプラス
給湯・暖房・融雪割
-3.5%
-2064円
-3.6%
-4721円
-3.6%
-5409円
-3.5%
-6145円
従量電灯Bプラス
給湯+暖房割
-4.3%
-2566円
-4.5%
-5867円
-4.4%
-6722円
-4.4%
-7637円

 電気だけでも契約できますが、北ガスの他のサービスと組み合わせることで割引があります。


 料金水準は道内の新電力の中でも、安いとは言えない水準です。料金の安さをもとめるのであれば、10%以上安くなる新電力もあるので他社を検討しましょう。


セット割引は?


セット割対象サービス 割引額
給湯・暖房・融雪割 1%割引
給湯+暖房割 2%割引
灯油セット割 2%割引
マイホーム発電割 3%割引

 いずれか一つの割引を電気料金に適用できます。


 給湯+暖房割はガス給湯器とガス暖房機を「両方」設置している家庭に適用されます。道内でガスを使っているご家庭では多くの世帯が適用されるのではないでしょうか。


解約時の違約金は?


 契約期間に関係なく、違約金は発生しません。


支払い方法は?


 口座振替とクレジットカード払いに対応しています。


 すでに北ガスのガスや灯油配達の契約がある場合は、それらの料金とまとめて支払うこともできます。




北ガスの電気の評価


環境・エコは?


 2019年度の計画値の電源構成は以下のとおりです(主なものを抜粋)


電源 構成
LNG火力 62%
FIT電気 20%
石炭火力 14%

 CO2排出量を見ると、2017年度は1kWhあたり605g、16年度は753gという値です。新電力の中ではCO2排出量が多いと言えます。ただし、2018年10月からは石狩のLNG火力発電所が稼働したので、18年度以降の値は平均的な水準にまで改善する可能性があります。




関連記事


地震関連:停電した時の問い合わせ先・対応の一覧

地域別 電気料金比較表

電気料金比較シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A