関西電力エリアの電力会社の電気料金比較

関西電力エリアの電力会社を比較


大阪、京都、兵庫を始めとする関西電力エリア


 近畿2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県)と福井県、三重県、岐阜県の一部をカバーしているのが関西電力。このエリア内にお住まいの世帯で、関電から乗り換えたら年間いくら安くなるのか、表にまとめました。


世帯人数別お得額早見表


 関電の標準プラン(従量電灯A)と比較した電気料金のお得率と、年間でお得になる金額の目安を一挙に比較します。※2018年7月の関電値下げに対応済み


シュミレーション条件
お得率と年間節約額
1人
月170kWh
2人
月348kWh
3人
月391kWh
4人
月437kWh
備考
ピタでん
使った分だけ
-2.5%
-1105円
-11.9%
-11902円
-13.7%
-15803円
-15.2%
-19976円
1年内の解約で2千円+税
悪質対応に業務改善勧告
あしたでんき
(標準プラン)
公式サイト
-1.1%
-493円
-10.6%
-10649円
-12.5%
-14396円
-14.0%
-18403円
解約時の違約金なし
楽天でんき
プランS
公式サイト
+0.7%
+303円
-9.0%
-9021円
-10.9%
-12566円
-12.5%
-16358円
解約時の違約金発生なし
ポイント還元込み
HTBエナジー
ファミリーコース
公式サイト
+0.1%
+64円
-9.1%
-9102円
-10.9%
-12590円
-12.4%
-16322円
H.I.S.が設立
1年内の解約で2千円
Looopでんき
公式サイト
+1.2%
+527円
-8.5%
-8561円
-10.5%
-12050円
-12.0%
-15781円
解約時の違約金発生なし
26%が再エネ電力
親指でんき
公式サイト
+1.2%
+527円
-8.5%
-8561円
-10.5%
-12050円
-12.0%
-15781円
解約時の違約金発生なし
TOSMOでんき +1.2%
+527円
-8.5%
-8561円
-10.5%
-12050円
-12.0%
-15781円
契約事務手数料と
解約事務手数料に注意
香川電力 +0.4%
+191円
-7.5%
-7526円
-8.7%
-10008円
-9.7%
-12663円
奈良電力 +0.4%
+191円
-7.5%
-7526円
-8.7%
-10008円
-9.7%
-12663円
関西全域に対応
解約違約金無し
近畿電力 0%
0円
-7.0%
-7048円
-8.0%
-9277円
-8.9%
-11662円
関西全域に対応
スマイルパワー
(お家プラン)
+6.5%
2867円
-4.9%
-4952円
-6.9%
-8001円
-8.6%
-11264円
違約金あり
使用量によっては割高
AIでんき
公式サイト
+5.3%
+2363円
-4.8%
-4803円
-6.8%
-7827円
-8.4%
-11061円
解約時の違約金発生なし
和歌山電力 +3.8%
+1681円
-5.8%
-5862円
-7.3%
-8370円
-8.4%
-11053円
関西全域に対応
はりま電力 0%
0円
-6.6%
-6657円
-7.5%
-8654円
-8.2%
-10790円
関西全域対応
大阪いずみコープ
(ベーシック)
-6.4%
-2835円
-8.1%
-8094円
-7.9%
-9157円
-7.8%
-10294円
組合員向け
大阪府南部
ソフトバンクでんき
しぜんでんき
公式サイト
+7.3%
+3240円
-3.0%
-3007円
-5.0%
-5809円
-6.7%
-8807円
電気のみで契約可
再エネ70%でエコ
解約違約金無し
ゴウダ電力
きほんプラン
公式サイト
-5.0%
-2219円
-6.3%
-6359円
-6.4%
-7370円
-6.4%
-8452円
更にJALマイル0.5%還元
解約時違約金なし
シン・エナジー
きほんプラン
-5.0%
-2219円
-6.3%
-6359円
-6.4%
-7370円
-6.4%
-8452円
旧「洸陽電機」
ニフティでんき
電気のみ
-2.0%
-884円
-4.8%
-4837円
-5.7%
-6519円
-6.3%
-8318円
別途セット割引あり
18年9月に値上げ
(新料金対応済み)
スマ電 0.0%
+0円
-5.0%
-5022円
-5.0%
-5764円
-5.0%
-6557円
自然電力
SE30
公式サイト
+12.3%
+5451円
-0.9%
-925円
-3.3%
-3758円
-5.2%
-6788円
再エネ実質30%
大阪ガス
(ガスとのセット割適用)
-2.7%
-1188円
-5.0%
-5043円
-5.1%
-5850円
-5.1%
-6640円
ミツウロコ
+3.0%
+1331円
-2.9%
-2938円
-4.1%
-4749円
-5.1%
-6686円
auでんき
(au walletとセット)
-1.0%
-444円/
-3.0%
-3013円
-5.0%
-5764円
-5.0%
-6557円
eo電気
(スタンダード)
+15.1%
+6711円
-5.0%
-5039円
-5.0%
-5782円
-5.0%
-6577円
1年内の解約で3千円+税
契約事務手数料3240円
大阪いずみコープ
(バリュー)
+16.5%
+7301円
+0.0%
28円
-2.6%
-3021円
-4.8%
-6284円
組合員向け
大阪府南部
坊っちゃん電力 +8.5%
+3767円
-2.0%
-2033円
-3.4%
-3974円
-4.6%
-6049円
契約事務手数料2500円
解約違約金無料
HTBエナジー
シングルコース
公式サイト
-2.8%
-1225円
-4.4%
-4435円
-4.5%
-5214円
-4.6%
-6048円
H.I.S.が設立
1年内の解約で2千円
イーレックス -1.4%
-606円
-3.3%
-3322円
-3.8%
-4344円
-4.1%
-5437円
自然電力
SE100
公式サイト
+16.4%
+7300円
+1.0%
+1039円
-1.6%
-1887円
-3.7%
-5016円
再エネ実質100%
CO2排出ゼロ
滋賀電力 -8.5%
-3760円
-3.1%
-3160円
-3.3%
-3810円
-3.4%
-4505円
関西全域対応
グリーナでんき
スタンダード
-1.3%
-595円
-2.3%
-2346円
-2.8%
-3285円
-3.3%
-4290円
CO2排出量ゼロ

再エネ50%
ニチデン +16.7%
+7401円
+1.5%
+1516円
-1.0%
-1198円
-3.1%
-4101円
H.I.Sが設立
河内長野ガス
(ガスセット割)
-3.3%
-1462円
-2.9%
-2896円
-2.7%
-3077円
-2.5%
-3270円
myでんき
-1.3%
-575円
-1.5%
-1508円
-2.1%
-2442円
-2.6%
-3441円
東燃ゼネラル石油
丸紅新電力 +67.8%
+30078円
+1.8%
+1765円
-0.1%
-128円
-1.6%
-2154円
大阪ガス
スタイルプランP
+6.2%
+2765円
-0.9%
-920円
-1.3%
-1529円
-1.2%
-1529円
Amazonプライムの
会費が無料になる
eo電気
(シンプル)
+34.7%
+15389円
+7.0%
+7048円
+3.2%
+3741円
+0.2%
+202円
1年内の解約で3千円+税
契約事務手数料3240円
ハローG電力
+19.2%
+8496円
+5.2%
+5260円
+2.8%
+3186円
+0.7%
+967円
1年内の解約で2千円
あくび電気
従量電灯A
+0.4%
+191円
+1.3%
+1348円
+1.0%
+1183円
+0.8%
+1006円
契約事務手数料3800円
解約条件も厳しい
きらめきでんき
+19.2%
+8496円
+5.2%
+5260円
+2.8%
+3186円
+0.7%
+967円
1年内の解約で2千円
グリーナでんき
RE100
+3.2%
+1425円
+3.4%
+3447円
+3.5%
+4056円
+3.6%
+4707円
CO2排出量ゼロ

再エネ100%
エレトス電気
レート定額
+23.9%
+10605円
+12.0%
+12068円
+9.7%
+11129円
+7.7%
+10124円

電気料金プランの比較

関西でおすすめの電力会社は?


1人暮らし
HTBエナジー(シングルコース)
滋賀電力
2人以上
あしたでんき

2人以上の世帯には


 2人以上の世帯には、あしたでんきがおすすめです。悪質な対応に業務改善勧告が出たピタ電よりは劣るものの、他の追随を許さない圧倒的な低価格です。解約時の違約金の発生もありませんし、東電の子会社という点でも新興の新電力より安心感があります(わが家も現在契約中:2018年7月〜)


あしたでんきの公式サイト

一人暮らしなら


エイチ・アイ・エスの看板


 一人暮らしであればHTBエナジーのシングルコースを検討してください。年間のお得額は1225円と、月額で100円少々ですが関西の電力会社の中では最安値です。使用量が少なくても関電より割高になることが無い料金設定です。


 また、滋賀電力は更に上をゆくお得さを実現しています。基本料金がゼロ円、また使用量が少ない領域の料金単価が関電と同額なのでお得です。途中解約する場合の違約金が高い点には注意してください。


HTBエナジーの公式サイトを見る

ガスの自由化も


 2017年4月からは、ガス会社も選べるようになりました。
 元々の料金が安いため乗り換えのメリットは電気よりも小さいですが、年間数千円以上の節約になります。関西では新規参入が関電ガスなどが参入しています。


 大ガス、関電ともに「セット契約」を推していますが、それぞれ別々の会社と契約した方が圧倒的にお得です。ガスは関電ガス、電気は新電力の組み合わせが最強です。


内容 ガス料金 電気料金 月合計 月の差額
大ガスのガスと
関電の電気
6345円 8369円 14714円 -
電気・ガスともに大ガス 6345円 7949円 14324円 -390円
電気・ガスともに関電 5723円 8369円 14092円 -622円
関電のガスと
あしたでんき
5900円 7482円 13382円 -1332円
いずれも原料調整費などは含まず ガスは31立米、電気は348kWhで計算(2人暮らし世帯の平均)



関連記事

地域別 電気料金比較表

電気料金シュミレーション

人気の電力会社

電力自由化Q&A